クレジットカードは、種類が多くどれも同じように感じるかもしれません。ただ20代向けに作られているクレジットカードもたくさんあり、ポイント還元率や特典も充実しているようです。本記事では、20代におすすめのクレジットカードを紹介します。またクレジットカードを初めて使う人に向けて使用上の注意や審査におけるコツもあわせて解説します。

20代がクレジットカードを作っておくべき理由

20代,おすすめ,クレジットカード
(画像=PIXTA)

2019年10月からキャッシュレス・ポイント還元事業を行ったことも後押しして、日本でもキャッシュレスが普及してきました。クレジットカードもキャッシュレス決済の一つです。作っておけばさまざまな支払いが非常にスムーズになります。ただそのほかにも若いうちからクレジットカードを利用することでさまざまなメリットを得ることが可能です。

ここでは、20代がクレジットカードを作っておくべき理由を4つ紹介します。

20代向けの特典が享受できる

数あるクレジットカードの中には、20代を含む若者に向けて特典を用意しているカードがあります。例えば後述する「JCB CARD W」の場合は、年齢制限が設けられていますが通常のポイント倍率が高めに設定されているのが特徴です。対象の店舗やネットショップで買い物をするとさらに多くのポイントを獲得できます。

若者限定のカードを発行できる

若者にうれしい特典が充実したクレジットカードは、年齢制限が設けられているものもあります。そういったカードは、審査も比較的通りやすく設定されており、学生や年収が低い人でも利用できる可能性が高いようです。また普通なら年収が高めの人だけが審査に通る「ゴールドカード」についているような特典が、若者カード限定でついていることもあるので、検討しているカードの中に若者限定カードがあれば、迷わず選ぶといいでしょう。

良いクレジットヒストリーを積み上げられる

クレジットカードの取引内容やローン履歴といった情報は、クレジットヒストリーや信用情報として記録されています。毎月利用した金額をしっかりと決済し続けることで堅実な利用実績を積み上げていくことができるでしょう。良いクレジットヒストリーが長期間積み上げられていると、今後ローンを組むときやカードのグレードを上げる際に役立ちます。

そのため20代のうちからクレジットカードを使うことは大きなメリットといえるでしょう。

現金よりもポイントやマイルがついてお得

クレジットカードでは、支払額に対して指定の割合のポイントが付与されます。クレジットカードの種類によっては、マイルとしてためることも可能です。

20代におすすめのクレジットカード10選

「20代は信用情報が積み上げられていないから審査に通らない」と不安に感じる人もいるかもしれません。ただ20代だからこそ利用できるお得なクレジットカードもたくさんあります。ここでは、20代におすすめのクレジットカードを10枚紹介します。

三井住友カード デビュープラスカード(学生)

18~25歳の学生限定で利用できるのが「三井住友カード デビュープラスカード(学生)」。初めてのクレジットカードにおすすめです。通常はポイントが200円につき2ポイント(還元率1%)が付与されますが、入会後3ヵ月間は5ポイントと非常に高い還元率となっています。年会費は1375円ですが、初年度は無料で翌年以降も年間1度以上利用すれば年会費が無料です。

JCB CARD W

18~39歳のみ入会できるのが「JCB CARD W」です。年会費は無料で、入会時だけでなく利用する中で費用がかかることは一切ありません。ポイント還元率も1%と高還元率です。また友だちを紹介すると最大5000円相当の「Oki Dokiポイント」が付与されるため、友人と一緒に利用するのもおすすめです。

エポスカード

18歳以上の人が利用できる「エポスカード」は、丸井グループが提供するクレジットカードです。カラオケの割引特典や飲料店で使えるクーポンなど若者にうれしいサービスが充実しています。年会費は無料で20代はもちろん学生にとっても使いやすいクレジットカードといえるでしょう。

楽天カード

オンライン完結で作れる「楽天カード」。新規入会やカードの利用など指定の条件を満たすことで最大7000ポイントを獲得できます。また普段の買い物でも100円につき1ポイントがたまり、楽天市場や提携の実店舗などで1ポイント1円として使えます。年会費は永年無料のため、申し込みのハードルが低いこともうれしいポイントです。

リクルートカード

「リクルードカード」の特徴といえば還元率の高さです。常時1.2%の還元率を誇るため、日々の支払いをリクルートカードに集約することでポイントがザクザク貯まります。さらにリクルートグループのサービス「じゃらん」「ホットペッパービューティー」といった支払いに利用すると最大4.2%のポイントを獲得することが可能です。

Orico Card THE POINT

年会費無料で利用できる「Orico Card THE POINT」。常時1 %の還元率でありながら入会後の6カ月間は、還元率が2%になる特典が魅力です。さらにネットショップ「オリコモール」での支払いに利用すれば、通常の還元率1%に加えて、「オリコモール利用分で+0.5%」と「特別加算ポイントで+0.5%」の合計2%が還元されます。

JCB GOLD EXTAGE

「JCB GOLD EXTAGE」は、ゴールドカードでありながら初年度の年会費が無料で利用できるため、20代の若者にもおすすめのクレジットカードです。インターネットから新規で入会すると2 000円のキャッシュバックを受け取れ、その翌々月までにカードを1度でも利用すれば追加で3 000円のキャッシュバックを獲得できます(2021年4月1日~9月30日) 。

三井住友カードプライムゴールド

20代のみが利用できる「三井住友カードプライムゴールド」。旅行傷害保険やショッピング補償が充実しておりトラブル対策も万全です。30歳を迎えると自動的にカードのランクが上がるため、将来的にステータスの高いクレジットカードを持ちたい人にもおすすめです。初年度年会費無料ですが2年目以降は5500円がかかります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ステータスの高いクレジットカードを持ちたい人には「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」がおすすめです。年会費が3万1900円と比較的高く設定されていますが、レストランやスターバックスで利用できる特典が充実しています。

三菱UFJカード ゴールド

他には見られないポイントプログラムを用意している「三菱UFJカード ゴールド」。入会時に記念日を登録しておけば、その日の支払いで獲得できるポイントが1.5倍になります。他にも年間の利用金額に応じて翌年のポイントが加算されるなどポイントをためる手段が充実。初年度は年会費無料で、翌年以降は2095円の年会費がかかります。

20代でクレジットカードを使うときの注意点

クレジットカードは、使い方を間違えると信用情報に大きな傷が残ります。例えばよく支払いが滞ったりしていると、将来住宅ローンを組んだりカーローンを組んだりする際に悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。これからクレジットカードを利用する20代に向けて注意点を4つ紹介します。

利用限度額を確認する

クレジットカードには、カードごとに利用限度額が設定されています。そのため支払い金額が利用限度額を超えた場合、利用残高の決済が終わるまでクレジットカードを使うことができません。海外旅行や大きな買い物をするなどまとまった支払いが発生する際は、利用限度額を確認しながら計画的に使うようにしましょう。

利用明細をしっかりと管理する

クレジットカードを使っていると現金を持っていなくても買い物ができてしまうため、つい管理が甘くなりがちです。そのため利用明細を毎月確認して「無駄な消費をしていないか」などしっかりと管理することが重要です。他にも「クレジットカードが不正利用され、見ず知らずの引き落としがあった」というケースもありますので、こまめに確認しておきましょう。

支払い期限を守る

支払い期限を過ぎても入金できていないとクレジットヒストリーに傷がつきます。具体的には、信用情報機関に延滞の情報が登録されるため、今後ローンを組むとき不利になる可能性が高いです。「たまたま口座に入金するのを忘れていた」という場合は、すぐに入金してクレジットカード会社に連絡するようにしましょう。

リボ払いは利用しない

リボ払いは、利用金額にかかわらず毎月の支払額を抑えられる便利な方法です。しかしその分金利が付き、支払い総額が高くなることは押さえておきましょう。毎月の支払いは数千円単位などで設定できるため、返済は楽になりますが、残金に金利が上乗せされるため、結果的に長期にわたって返済を続けることになる点はデメリットです。元金がなかなか減っていかないため、「長く支払っているのに利用残高が減らない」といったケースも少なくありません。

そのため基本的にリボ払いは避けるのが賢明です。クレジットカードは、非常に便利な決済方法の一つですが、自分の収入に見合った範囲内で利用しなければ返済が追いつかず、取り返しがつかない状況に陥りかねません。

20代によくあるクレジットカードに関する悩み

初めてクレジットカードを作るときは、何もかも分からないことばかりの人が多いでしょう。ここでは、クレジットカードを作るにあたってよくある悩みを紹介します。

クレカは何枚持っておくべき?

クレジットカードは、基本的に1枚持っておけば十分です。ただカードごとに異なるメリットを使いこなせる場合は、複数持つことを検討しても良いでしょう。ただし複数のクレジットカードを管理することは手間がかかるため、収入が安定するまでは1枚のクレジットカードを無理のない範囲で利用することがおすすめです。

審査は学生やアルバイトでも通る?

クレジットカードの種類によっては、学生やアルバイトでも審査に通ることはできます。なかでも「20代限定」など、20代の利用を想定して提供されているカードは、収入が低くても通過する可能性が高いでしょう。逆にゴールドカードやプラチナカードなどステータス性の高いクレジットカードは、ある程度の収入が証明できなければ審査には通りにくい傾向です。

審査に通りやすくなるコツはある?

年収が低くても利用できるクレジットカードはあるため、嘘偽りなく情報を記載することが、審査に通りやすくな るコツといえるでしょう。なかには「少しでも審査の通過率を上げたい」と考えて年収や仕事をごまかして記載してしまうケースがあります。これらの情報は、審査をするうえで大きなポイントとなるため、当然調査が入るため、注意が必要です。

審査の結果、虚偽の情報と認識された場合は、審査が通りません。また虚偽の情報ではなく誤情報を記載した場合も審査に落ちてしまう可能性はあるため、正確な情報を記載することを心がけましょう。

審査に落ちてしまった際の対処法は?

「複数のクレジットカードに申し込んでどれか一つでも審査に通過させよう」と考えているのであればやめましょう。なぜならクレジットカードは、申し込みするだけで信用情報機関に申し込みの情報が登録されてしまうからです。短期間で複数のクレジットカードを申し込んでいるとカード会社の審査の際に「そこまでお金に困っているのか」と判断される可能性があります。

そのため審査に落ちた場合は、すぐに他社のカードを申し込むのではなく約6カ月以上をあけてから再び申し込むことがおすすめです。

まとめ

クレジットカードでの支払いはポイントが還元されるため、現金払いよりも非常にお得です。特に収入に余裕がない20代の場合、クレジットカードを使うメリットは 大きいでしょう。これから利用するクレジットカードを探している人は、今回紹介した内容を参考に自分に合ったカードを見つけてください。そして無事審査に通過した場合は、収入の範囲内で使用するように心がけましょう。