「三井住友カードナンバーレスをゴールドに変えるべきか迷っている」「通常版との違いがわからない」などと悩んでいませんか。

三井住友カードゴールドナンバーレスに切り替えれば、独自のサービスが受けられます。しかしこだわる点によっては、通常版のままという選択肢もあるでしょう。

この記事では、ゴールドカードへの切り替えに迷っている人に向けて、三井住友カードナンバーレスの通常版とゴールドの違いを解説します。比較検討すれば、グレードアップの必要性を判断できるでしょう。

三井住友カードゴールドナンバーレスの基本情報

三井住友カードナンバーレス,三井住友カードゴールドナンバーレス,比較
(画像=PIXTA)

三井住友カードゴールドナンバーレスの特徴を解説します。使い方や特典などをくまなくチェックしましょう。

三井住友カードゴールドナンバーレスの概要

三井住友カードゴールドナンバーレスのスペックは以下のとおりです。

年会費 5500円(税込)※家族会員無料
申込資格 満20歳以上で本人に安定収入あり
利用可能枠 最大200万円
ブランド Visa、MasterCard
追加カード 家族カード・ETCカード
基本ポイント還元率 0.5%
国内旅行傷害保険 最大2000万円
海外旅行傷害保険 最大2000万円
電子マネー iD、Apple Pay、Google Pay、PiTaPa、WAON

最大利用限度額が高く、国内・海外ともに旅行傷害保険が充実しています。ゴールドカードらしく本格的なサービス内容です。

三井住友カードゴールドナンバーレスの主な特徴

三井住友カードゴールドナンバーレスは年会費無料の可能性があり、利用限度額も高くなりやすいと言えます。

2021年9月30日までに新規で申し込むと、初年度は年会費無料です。また年間利用額が100万円以上なら、翌年以降の年会費が永年無料になります。さらに継続特典として、1万ポイントが還元される仕組みです。

利用限度額の最大200万円は、通常版の2倍です。ゴールドならではのサービス内容に注目しましょう。

三井住友カードゴールドナンバーレスの特典一覧

三井住友カードゴールドナンバーレスでは、さまざまなポイントアップの特典があります。以下に代表例を示します。

条件 ポイント増加分
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用 2%追加
タッチ決済を使えばさらに2.5%追加
会員指定店舗で利用 0.5%追加
年間100万円利用 1万ポイント
ポイントUPモール経由で買い物 2~20倍
三井住友カードつみたて投資 毎月積立額の1%

このようにポイントアップのチャンスが多数あります。

三井住友カードゴールドナンバーレスの口コミ・評判

三井住友カードゴールドナンバーレスのよい口コミには、「年100万円使えば翌年以降、年会費永年無料なのでお得」「審査が早い」という評価がありました。一方で「会員専用サイトが操作しづらい」という、ネガティブなコメントも見られます。

口コミからメリットとデメリットのバランスを見極め、グレードアップを考えましょう。

三井住友カードナンバーレスの基本情報

三井住友カードナンバーレスの基本情報を紹介します。特徴だけでなく、ゴールドとの違いも比べるとわかりやすいでしょう。

三井住友カードナンバーレスの概要

三井住友カードナンバーレスの基本的なスペックは以下のとおりです。

年会費 無料
申込資格 日本在住の18歳以上(高校生を除く)
利用可能枠 最大100万円
ブランド MasterCard、Visa
追加カード 家族・ETCカード
基本ポイント還元率 0.5%
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険 最大2000万円
電子マネー iD、Apple Pay、Google Pay、PiTaPa、WAON

年会費が無料で電子マネーの対応数が多いなど、初心者が安心できる内容です。

三井住友カードナンバーレスの主な特徴

三井住友カードナンバーレスは、年会費永年無料です。即時発行もできるので、急いでいる人も手に入れやすいと言えます。

年会費が常にかからないのは、一般カード特有の利点です。そのため、自由自在に使えるでしょう。また、最短5分の即時発行で、忙しい人でも簡単に入手可能です。大手銀行が発行していながら手軽に使えます。

三井住友カードナンバーレスの特典一覧

三井住友カードナンバーレスには、主に以下の特典があります。

条件 ポイント増加分
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用 2%追加
タッチ決済を使えばさらに2.5%追加
会員指定店舗で利用 0.5%追加
ポイントUPモール経由で買い物 2~20倍
三井住友カードつみたて投資 毎月積立額の0.5%

ゴールドのように年間使用額に応じて、ポイントがもらえる特典はありません。つみたて投資の特典ポイントもゴールドの半分です。それでも特定店舗利用による特典は充実しています。

三井住友カードナンバーレスの口コミ・評判

三井住友カードナンバーレスのよい口コミには、「ナンバーレスは、ショップの店員さんに番号をみられなくて安心」「入会特典が他社より多い」などの評価がありました。一方で「タッチ決済に対応している店が少ない」「基本還元率が0.5%と低い」などの指摘も見られます。

大手銀行発行らしいメリットが挙げられていましたが、不便を感じる人もいるようです。

三井住友カードゴールドナンバーレスのおすすめポイント

三井住友カードゴールドナンバーレスの便利なポイントは、年間100万円の利用による特典、特定店舗における還元率アップ、年会費無料の可能性の3つです。それぞれの詳細を見ていきましょう。

年間100万円の利用で1万ポイントが付与

利用額が年間100万円に達すれば、1万ポイントのボーナスがもらえます。収入に余裕があってよくショッピングする人なら、ボーナスを目指せるかもしれません。

1万ポイントがあれば、さまざまな商品を買えるでしょう。自分へのちょっとしたごほうびを手に入れるために、お金でなくポイントを使えるのはメリットです。

コンビニ3社&マクドナルドで最大5%還元

次の4店舗でカード決済すれば、ポイントがアップします。

・ セブン-イレブン
・ ファミリーマート
・ ローソン
・ マクドナルド

これらの店舗では、基本還元率に2%が追加されます。さらにVisaのタッチ決済やMasterCardコンタクトレスを使えば、さらに2.5%追加です。代金に対して最大5%分のポイントを手に入れられるので、大変お得でしょう。

年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料

年間100万円以上使えば、翌年以降は年会費永年無料です。つまり一般カードと事実上同じ状態になります。もっているだけでコストをカットできるのは、多くの人にとってお得でしょう。

ゴールドカードのデメリットとして、年会費の高さを挙げる人は多いようです。年間100万円利用という条件はありますが、年会費を永年無料にできるのは、三井住友カードのコストパフォーマンスの良さの証です。

三井住友カードナンバーレスのおすすめポイント

三井住友カードナンバーレスのおすすめポイントを紹介します。一般とゴールドの違いを考えながら読んでみてください。

年会費永年無料、最短5分で即時発行

三井住友カードナンバーレスは入会時から、年会費永年無料です。さらに最短5分の即時発行も見逃せません。最短翌営業日にはカードを入手できるので、手続きしたことを忘れる心配も無用です。

年会費がなくて手に入れやすい点は、クレジットカード初心者にとっても安心できるでしょう。

タッチ決済でポイントが最大10倍貯まる

三井住友カードナンバーレスは、タッチ決済の有効活用がカギです。特定店舗で使えば最大10倍貯まります。

基本還元率は0.5%ですが、10倍なら5%です。申し込みを機にタッチ決済を覚えてみましょう。特定店舗はセブン-イレブンやマクドナルドなど、だれもが知る店舗なので積極的に使えます。

選んだ3店でいつでもポイントが2倍

会員本人が選んだ店で使えば、常にポイント還元率が2倍です。1%に上がるだけでも、貯めやすさは変わります。

よく通う店を指定して、習慣的にそこを利用するだけでポイントを早く貯められます。自身の生活状況に合わせてポイントアップの機会を増やせるのがメリットです。

三井住友カードゴールドナンバーレスと三井住友カードナンバーレスはどっちがお得?

三井住友カードナンバーレスのうち、一般とゴールドを直接比べていきましょう。基本スペックやポイント還元率、保険などからこだわる点を決めましょう。それにより有利なカードが異なります。

基本スペックを比較

基本スペックではサービス面ならゴールドですが、使いやすさでは一般が有利です。ゴールドは利用可能枠が最大200万円と、一般の2倍です。しかし年会費永年無料には前年に100万円分を使わなければなりません。

対して一般は入手初日から年会費永年無料です。豪華なサービスかお得感のどちらを取るかで、選ぶものが変わります。

マイル・ポイント還元率で比較

三井住友カードは、ゴールドと一般ともに基本還元率が0.5%です。ポイントアップではゴールドのほうが年間100万円利用で1万ポイントボーナスなど、パターンが多いと言えます。

マイルの交換先はともにANAです。一般会員なら「1ポイント=0.6マイル」ですが、ゴールドなら2マイルにアップします。ショッピングや飛行機をよく利用するなら、ゴールドのほうが有利でしょう。

付帯保険で比較

付帯保険では、ゴールドが有利です。海外旅行傷害保険は一般とゴールドともに最大2000万円になります。しかし一般には国内旅行傷害保険はありません。

ショッピング保険もゴールドだけで、年間300万円分まで補償されます。保険の充実性はゴールドが優勢です。

日常での使い勝手で比較

日常の使い勝手で比べると、ゴールドがやや優勢です。しかしセブン-イレブンやマクドナルドでの使用が中心なら、一般でも利便性が変わりません。むしろ年会費を払わなくてよい分、一般がお得とも考えられます。

一般なら初期は年会費無料で、使い方によってはポイント還元率が10倍~20倍に上がることもあります。ゴールドにしても一般と使い方が変わらなさそうなら、無理にグレードアップしなくてもよいでしょう。

旅行での使い勝手で比較

旅行での使い勝手ではゴールドが優勢です。一般にはない空港ラウンジサービスがあるのが大きいでしょう。

国内に限らず、ハワイ・ホノルルの空港でもラウンジが無料で使えます。一般会員とは違い、飛行機に乗るまでの待ち時間を優雅にすごせるのがメリットです。旅行関連のサービスを使いたいと思ったら、ゴールドを選んでみませんか。

まとめ

三井住友カードナンバーレスをゴールドにランクアップさせると、さまざまな特典が受けられます。年間利用額100万円以上で1万ポイントのボーナスを受けたり、空港ラウンジを無料で使えたりします。

しかしゴールドは、前年に100万円使わないと、年会費が永年無料になりません。お金に余裕がないうちは一般を使いこなしましょう。むしろ一般は最初から年会費永年無料の分、ポイントアップを積極的に利用できます。

それぞれのメリットやデメリットを比べながら、グレードアップを決めてください。