三井住友カードゴールドナンバーレスの特徴について知れば、使いやすいゴールドカードとして興味を持つ人もいるでしょう。

この記事では三井住友カードゴールドナンバーレスのメリットやデメリット、口コミ・評価や入手方法などについて紹介します。ゴールドカード選びの一環として、参考にしてみてください。

三井住友カードゴールドナンバーレスの基本情報

三井住友カードゴールドナンバーレス,評判
(画像=PIXTA)

三井住友カードゴールドナンバーレスは、「買い物好きな人のための進化したゴールドカード」と銘打っているように、使うほどお得になるゴールドカードです。

三井住友カードゴールドナンバーレスの基本情報は以下のとおりです。

年会費 通常 5500円(税込)
2021年9月30日までの申し込みで初年度年会費無料
年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料

<家族会員>無料(人数制限なし)
ブランド Visa、Mastercard
申し込み資格 本人に安定継続収入のある、満20歳以上
利用可能枠 総利用枠 ~200万円
カード利用枠(カードショッピング) ~200万円
リボ払い・分割払い利用枠 0~200万円
キャッシング利用枠
希望をもとに、総利用枠の範囲内でキャッシング利用枠を設定
付帯サービス・保険 空港ラウンジサービス、ゴールドデスク
最高2000万円の海外・国内旅行傷害保険
年間300万円までのショッピング補償
電子マネー iD、PiTaPa、WAON

三井住友カードゴールドナンバーレスとは

三井住友カードゴールドナンバーレスは、三井住友カード株式会社がMastercard、Visaなどの国際ブラントとのライセンスにより発行するクレジットカードで、世界各国で利用できます。他にも、年会費無料(条件あり)や、カードの安全性が高いといった利点が知られています。

三井住友カードゴールドナンバーレスはこんな人におすすめ

ナンバーレスクレジットカードは、キャッシュレス決済をより安全・気軽に使用するために、カード番号、有効期限といった、利用に必要な情報をクレジットカード自体からなくし、セキュリティをより強固にしたクレジットカードです。

三井住友カードゴールドナンバーレスは、三井住友カードナンバーレスの利便性と安全性はそのままに、ゴールドだけの特典をプラスしているので、安全性と利便性、そしてゴールドカードの特典を求める人におすすめのカードと言えます。

三井住友カードゴールドナンバーレスのメリット

三井住友カードゴールドナンバーレスのメリットを簡単にまとめると、条件により年会費が永年無料、最短5分で発行可能、対象店舗はポイント+2%還元、完全ナンバーレスでセキュリティが万全、海外旅行障害保険が付帯、ショッピング補償がついているといった点が挙げられます。

以下、その内容を詳しく説明していきます。

年会費が永年無料

2021年9月30日までの申し込み、同年11月30日までの発行で初年度年会費が無料になります。さらに年間100万円の利用で、翌年以降の年会費が永年無料です。この場合の翌年以降、永年無料について説明を追加します。

初年度
年間100万円利用達成 年間100万円利用未達成
翌年度以降の年会費が永年無料 翌年度の年会費5500円(税込)

翌年度
初年度条件達成者 初年度条件未達成者
該当年度の条件達成有無にかかわらず、3年目以降の年会費も永年無料 3年目以降の年会費が永年無料
3年目の年会費5500円(税込)

つまり利用対象期間に一度でも100万円以上利用すると、以降の年会費がその年の利用金額にかかわらず無料になるのです。さらに対象期間に100万円以上使用すると、1万ポイントが付与されます。毎年判定があるので、毎年1万ポイントずつもらうことも可能です。

最短5分で発行可能

三井住友カードゴールドナンバーレスは実際のカードの到着を待たずに、最短5分で使えるようになります。簡単に手順を紹介します。

サイトの即時発行ボタンからカードを申し込みます。9時から19時30分までに受け付けた場合のみ、審査が5~10分で完了します。

次に電話での認証が行われ、認証が完了します。Vpassアプリをダウンロードし、情報を登録すると、Vpassアプリ内でカード番号を確認できるので、ネットショッピングがその時点から利用できます。実際のカードは後日、自宅に郵送されることになります。

対象店舗はポイント+2%還元

コンビニ3社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)とマクドナルドの店舗での支払いに三井住友カードゴールドナンバーレスを利用すると、通常のポイント0.5%に加えて、利用金額税込200円につき+2%ポイントが還元されます。

さらにVisaのタッチ決済/Mastercardコンタクトレスを使って、これらの店舗で支払うと、ポイントが+2.5%され、最大5%ポイント還元されるのも大きな魅力です。

完全ナンバーレスでセキュリティが万全

三井住友カードゴールドナンバーレスは、カード自体に番号が印字されていない安心・安全のナンバーレスカードです。カード情報はアプリに集約されるので、快適なキャッシュレス生活を体験できます。店舗での決済の際にのぞき見されて、カード番号を盗まれるような心配は不要です。

海外旅行傷害保険が付帯

一部利用条件はありますが、海外・国内旅行ともに最高2000万円の旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行に対する補償内容、保険金額は以下のとおりです。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 合計 最高2000万円
自動付帯分 300万円
利用条件分 1700万円

海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 合計 最高2000万円
自動付帯分 300万円
利用条件分 1700万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2500万円
携行品損害
[自己負担:1事故3000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
20万円
救援者費用(1年間の限度額) 150万円

ショッピング補償がある

三井住友カードゴールドナンバーレスには事前の届け出が不要で、保険料も必要ないショッピング補償がついています。このカードでクレジット決済して購入した商品が、壊れてしまったり、盗まれてしまったりしたときのショッピング補償は、年間300万円までです。家族会員も同様に補償が受けられるので、安心です。

三井住友カードゴールドナンバーレスのデメリット

三井住友カードゴールドナンバーレスのデメリットを簡単にまとめると、還元率はそれほど良くない、ランクの高いカードはないといった点が挙げられます。以下にその内容を詳しく説明していきます。

還元率は0.5%とそれほど良くない

三井住友カードゴールドナンバーレスは、通常のポイントが利用金額200円に対して1ポイント(0.5%)と還元率はそれほど良くありません。前述のとおり、対象店舗でのポイントの還元率アップも、指定のコンビニ3社とマクドナルドは+2%ですが、他のコンビニ、スーパー、ドラッグストア、カフェ、ファストフードから選択した3店は+0.5%、合計1%還元にしかならないからです。

ランクの高いカードはない

三井住友カードのナンバーレスカードには、三井住友カードナンバーレスと三井住友カードゴールドナンバーレスの2種類があります。通常のカードならよりランクの高いプラチナカードがありますが、ナンバーレスカードでは作られていません。ゴールドの特典では物足りないという人には持ちづらいカードとなってしまいます。

三井住友カードゴールドナンバーレスの口コミ・評判

クレジットカードを申し込む際は、評判や口コミを重視する人も多いでしょう。以下に良い評判と悪い評判に関する意見をまとめておきます。

良い口コミや評判

・三井住友は審査が厳しいと評判ですが、審査が早かった
・年会費無料で維持できるカードで、ショッピング保険も国内海外旅行保険もカバーしているカードは珍しい
・年間100万円利用対象詳細の詳細が、税金・公共料金の支払いとauPAYへのチャージも対象となっている。しかも、auPAYのほかにLINEPay・PayPayも対象
・年間100万円利用で年会費永年無料。SBI証券での投信つみたても1%ポイント還元なのは大きい
・三井住友ゴールドNLの緑色デザインは金色デザインより圧倒的にかっこいい
・三井住友カードゴールド(NL)を発行したが、100万円の利用条件に三井住友は家族カードも含まれていて便利

主な良い評判をまとめると、100万円利用条件が緩めなこと、条件達成すると永年で年会費無料になること、カードデザインといった点に魅力を感じているユーザーが多いということがわかります。

悪い口コミや評判

・100万円を超えて利用し続けたら還元率が下がるので、100万円以上利用する人は2枚持ちが必須
・1年間使って年会費を無料化した後は、コンビニと自動付帯の旅行保険ぐらいしか使わなくなるかも
・三井住友カードゴールドからゴールドナンバーレスに切り替えたら情報紙が無料で届かない。有料では申し込める
・三井住友のナンバーレスのゴールドカードはリボ専用と普通のカードがどちらかわかりにくい
・年会費無料の三井住友カードゴールドNLは、空港からの手荷物宅配が無料、航空機遅延保険つきなどのベネフィットがなし
・三井住友カード ゴールドNL、還元率0.5%で物足りない

悪い評判からは100万円を超えた際のポイント還元率の悪さ、付帯サービスの少なさなどに不満を持っていることが読み取れます。

三井住友カードゴールドナンバーレスを手に入れるまでの流れ

三井住友カードゴールドナンバーレスの申し込みには、通常発行と即時発行の2通りの申し込み方法があります。

通常発行の場合

三井住友カードゴールドナンバーレスを通常発行するには、まず運転免許証または運転経歴証明書と金融機関の通帳やキャッシュカードを手元に用意します。

三井住友カードゴールド(NL)とカードの種類が記載されている「お申込みはこちら」、もしくは、ホームページ下部にある「お申込みはこちら」を押し、表示される「通常発行でお申し込み」と「即時発行でお申し込み」ボタンから「通常発行でお申し込み」を選びます。

表示される会員規約を確認したのち、「同意のうえ、入力画面に進む」を押し、申込内容を入力します。続いて支払い口座を設定し、入力が完了すると入会審査が行われます。最短で翌営業日までに審査が行われます。審査が通ると、約1週間以内にカードが発行され自宅へ郵送される、という流れになります。

即時発行の場合

三井住友カードゴールドナンバーレスを即時発行するには、通常発行と同様に運転免許証または運転経歴証明書と金融機関の通帳やキャッシュカード、さらに通話可能な携帯電話・固定電話を手元に用意する必要があります。

三井住友カードゴールド(NL)とカードの種類が記載されている「お申込みはこちら」、もしくはホームページ下部にある「お申込みはこちら」を押し、表示される「通常発行でお申し込み」と「即時発行でお申し込み」ボタンから「即時発行でお申し込み」を選択します。

会員規約を確認したのち、「同意のうえ、入力画面に進む」を押して申込内容を入力して、支払い口座を設定します。入力が完了すると、入会審査が行われますが、5~10分で終了し、電話での認証が行われます。

認証が完了したら、三井住友カード会員のためのインターネットサービスVpassに登録しましょう。Vpassにカード番号が表示されるので、ネットショッピングや Google Pay、Apple Payでカードが利用可能になり、実際のカードも後日郵送されます。

ただしカード番号が即時発行とならないケースがいくつかあります。以下に抜粋していきます。

・カード引落口座として設定した金融機関が対象とならない場合
・口座設定をする際に、通信トラブルなどによって設定が完了できなかった場合
・各銀行のWebサイトがメンテナンス中の場合
・キャッシングの利用枠希望で、申し込みの際にキャッシングの契約内容をインターネット上で確認・保存しない場合
・申し込みに不備があった場合
・19時30分以降にカード発行の申し込みを行った場合
・事業で使用することを目的とした場合
・個人事業主が申し込んだ場合 など

主に金融機関や申し込み、事業関連の申し込みによるものなので、申し込みをする際は留意しましょう。詳細は三井住友カードゴールドナンバーレス申し込みのサイトを確認してください。

この記事では、三井住友カードゴールドナンバーレスに関するメリットやデメリットなどをまとめました。ゴールドカードの利点を享受しつつ、年会費のコストを抑えたいという人には利用価値の高いカードであることがおわかりいただけたでしょうか。カード選びの参考になれば、幸いです。