セゾンカードインターナショナルはクレディセゾンが発行するスタンダードカードです。有効期限のない永久不滅ポイントがたまる年会費無料カードとして、息の長い人気を誇っています。

この記事では、セゾンカードインターナショナルの基本情報に加え、メリットやデメリット、カードに対する評判などを紹介していきます。

セゾンカードインターナショナルの基本情報

セゾンカードインターナショナル,評判
(画像=PIXTA)

まずはセゾンカードインターナショナルの基本スペックを紹介し、どのような人に向いているのかを解説します。セゾンカードインターナショナルが自分の求める条件に合うものなのかどうかを確認していきましょう。

セゾンカードインターナショナルとは

セゾンカードインターナショナルはスタンダードなスペックを誇り、全体的に過不足がないバランスの取れたカードです。

カードスペックをまとめると以下のようになります。

年会費 無料
ブランド Visa、Master、JCB
ポイント還元率 0.5%
貯まるポイント 永久不滅ポイント
家族カード
付帯電子マネー
ETC 〇(無料)
付帯保険 盗難紛失
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
タッチ決済

続いて、具体的にどのような人にセゾンカードインターナショナルが向いているのかを見ていきます。

セゾンカードインターナショナルはこんな人におすすめ

結論から言えば、セゾンカードインターナショナルは次のような人に適したカードです。

・定期的に西友やリヴィン、サニーで買い物をしている
・積極的にポイ活をしていない
・すぐにカードを手に入れる必要がある

西友・リヴィン・サニーのユーザーであれば、セゾンカードインターナショナルはぜひとも持っておきたいところでしょう。このカードを利用すれば、毎月開催される「セゾンカード感謝デー」に、西友・リヴィン・サニーでの買い物が5%オフとなります。衣料品や家電用品も対象です。

ポイント還元率0.5%で貯まる永久不滅ポイントはポイ活に積極的でない人でも、使い忘れによる失効の心配がありません。

急いでいる人には即日発行も可能なので、急な海外旅行や出張などでカードが必要となった人にもオススメの1枚です。

セゾンカードインターナショナルのメリット

これまで紹介したものも含め、セゾンカードインターナショナルにはさまざまなメリットがあります。中でも、特に魅力的なメリットは以下の5つです。

・年会費が永年無料
・ポイントに有効期限が無い
・ポイントの交換先が豊富
・最短即日発行
・専業主婦や学生でも申し込み可能

以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

セゾンカードインターナショナル年会費が永年無料

セゾンカードインターナショナルは「年会費永年無料」をうたう数少ないカードの1つです。

通常、クレジットカードには、カードの維持費として年会費がかかります。一般カードであれば1000円以上かかるものも珍しくありません。また「年会費無料」とうたいながらも、条件付きのものもあるため注意が必要です。

しかし、セゾンカードインターナショナルはカードの維持費にかかる年会費が永久に無料なほか、発行手数料もかかりません。加えて、世界145カ国で利用できるハーツレンタカーの割引優待など、各種優待も利用できます。

セゾンカードインターナショナルは持っていて得はあっても、損をすることはないでしょう。とりあえず持っておく1枚としても非常にオススメの1枚です。

セゾンカードインターナショナルポイントに有効期限が無い

有効期限のない永久不滅ポイントが貯まるのもセゾンカードインターナショナルの魅力です。

通常、クレジットカードの利用で貯まるポイントには有効期限が設定されており、使い忘れや交換したい商品にポイントが届かず失効してしまう例が後を絶たちません。しかし、セゾンカードインターナショナルではそうした心配が一切不要です。

ポイント還元率も0.5%と平均的な数値をクリアしており、交換先もAmazonギフト券や共通ポイントの「dポイント」など、多彩です。

ポイントの交換先が豊富

ポイントの交換先が豊富なのもセゾンカードインターナショナルのメリットの1つです。先に紹介したもののほかに、ポイント交換先の主要ラインナップを一覧で紹介します。

交換先 移行後ポイント還元率
dポイント 0.5%
Pontaポイント 0.45%
nanacoポイント 0.45%
ベルメゾンポイント 0.5%
Amazonギフト券 0.5%
キャッシュバック 0.45%
ANAマイル 0.3%
JALマイル 0.25%

特筆すべきは5大共通ポイントのうち、Pontaポイントとdポイントの2つに交換が可能な点でしょう。

特に、dポイントは、ポイント還元率がそのままで、ローソンやファミリーマート、マツモトキヨシなどの買い物で使えるため、リアル店舗の買い物に使いたいのであればオススメの交換先となります。ネットなら、Amazonギフト券がオススメです。

ポイントを交換せずにもっと楽に利用したいのであれば、カード利用額の請求分からポイント値引きもできます。少し還元率は落ちますが、ANAとJAL両方のマイルに交換できる点も大きな魅力です

セゾンカードインターナショナルは最短即日発行可能!

セゾンカードインターナショナルは最短即日発行が可能です。

通常のクレジットカードは、審査と郵送で最大1ヵ月程度待つ必要がありますが、セゾンカードインターナショナルは申し込んだその日にカードを手にすることができます。

セゾンカードインターナショナルの審査は最短5分で完了し、希望すれば全国のセゾンカウンターでカードを受け取れるため、郵送の手間も省けます。都内では、東京ミッドタウンやららぽーと豊洲などで受け取れます。

また、カードを受け取る暇もないという人は、デジタル発行という手段が使えます。デジタル発行は申し込みから最短5分の審査が完了次第、すぐにiPhoneなどの非接触決済やオンラインショッピングが可能となるサービスです。

すぐにクレジット決済を利用したいという要望にあらゆる角度から応えているのが、セゾンカードインターナショナルの大きな魅力なのです。

専業主婦でも学生でも申し込み可能

セゾンカードインターナショナルは門戸の広いカードであり、18歳以上なら学生や専業主婦(専業主夫)でも申し込みが可能です。信販系カードなので、比較的審査も通過しやすい部類に入ります。

とりあえずカードを1枚作っておきたいという人にもセゾンカードインターナショナルはオススメの1枚と言えます。

セゾンカードインターナショナルのデメリット

セゾンカードインターナショナルには多数のメリットがある一方、他のカードと比較すると弱点になる部分がいくつかあります。ここではセゾンカードインターナショナルのデメリットを紹介していきましょう。

低い還元率

セゾンカードインターナショナルのポイント還元率は0.5%です。平均的な還元率はクリアしているものの、高還元カードとは言えません。ポイント還元率を重視するのであれば、1%以上の楽天カードやdカードに分があります。

主要一般カードのポイント還元率を比較したものを以下にまとめるので、参考にしてください。

カード名 基本ポイント還元率
楽天カード 1%
dカード 1%
JCB CARD W 1%
エポスカード 0.5%
イオンカードセレクト 0.5%
三井住友カード(NL) 0.5%
セゾンカードインターナショナル 0.5%

セゾンカードインターナショナルには保険が付帯されていない

セゾンカードインターナショナルの弱点の1つに、保険の脆弱性が挙げられます。

まず、海外旅行保険が付帯しておらず、海外旅行時のトラブルに際し、各種補償を受けられません。

海外旅行保険は海外での病気やケガ、緊急時の救援者の渡航費用などを補償してくてる保険で、日本の保険制度が適用されない海外旅行時には必須のサービスです。

以下のとおり、海外旅行保険を重視してカードを選ぶなら、エポスカードや楽天カードに軍配が上がるでしょう。

カード名 海外旅行保険の補償額(最高額)
エポスカード 2000万円
楽天カード 2000万円
セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルを持って海外に行く場合は、別途保険会社で海外旅行保険に加入しておきましょう。

また、セゾンカードインターナショナルにはショッピング保険も付帯されていないため、注意が必要です。カードで購入した商品の破損や盗難を補償してくれる保険で、多くのカードに付帯しているサービスですが、同カードには付帯していません。

セゾンカード会員限定で加入できる選択型保険「Super Value Plus」に加入すれば同様のサービスを受けられますが、こちらは有料です。

カードデザインの評判がよくない

クレジットカードを選ぶ際は、券面デザインも重要なファクターとなるという人もいるでしょう。その点、セゾンカードインターナショナルの券面デザインは決して評判の良いものとは言えないところがあります。

現に以下のような評判がSNSで見られます。

・セゾンカードインターナショナルはIC積んでからデザインが改悪された
・セゾンカードインターナショナルのデザインが新しくなったら選びたいが今のデザインでは選びにくい

などの意見があります。

券面デザインを重視するのであれば、ステータスの証である「センチュリオン(百人隊長)」が描かれた「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」などを利用したほうが良いでしょう。

デザイン面の改善に期待したいところです。

セゾンカードインターナショナルの口コミ・評判

次は、セゾンカードインターナショナルの口コミと評判を見ていきましょう。カード選びの参考にしてください。

良い口コミ評判

まずは評判の良い口コミを紹介します。

・セゾンカードインターナショナルは申し込んだら審査受付メールから2分後に、サービスご利用手続きのお知らせが来るなど非常に速い
・セゾンカードインターナショナルは、午前中に申し込めば、その日のうちにクレジットカードを受け取ることもできた

このように、セゾンカードインターナショナルはカードの発行スピードの速さが高く評価されています。

申し込みから最短5分で審査が完了するのに加え、希望すれば全国各地の提携店舗でその日のうちにカードを受け取れる「即日発行サービス」を魅力的と捉える人が多いようです。

実際、即日発行可能なクレジットカードは多くありません。代表的なところではエポスカードが挙げられますが、ETCカードも含めて即日発行が可能なカードはセゾンカードインターナショナルだけと言えます。

悪い口コミ評判

続いて悪い口コミや評判を紹介します。

・還元率は高くないのでそれならREXカードを作ったほうがいい
・ポイントは永久不滅ポイントだけど、すぐにポイントを使えばいいので大きなメリットではない

セゾンカードインターナショナルのポイント還元率は0.5%とクレジットカードの中では平均的な値ではあるものの、リクルートカード(1.2%)や楽天カード(1%)などと比べると、相対的には高くないようです。いずれのカードも年会費は無料なので、デメリットという意見には納得できる部分があります。

ただし、セゾンカードインターナショナルの永久不滅ポイントはやはり大きなメリットであることに変わりないでしょう。年間500億円相当ものポイントが使われずに失効している現代で、使い忘れの心配がなく、かつ交換したい商品分のポイントが貯まるまでじっくりポイ活ができる点はセゾンカードインターナショナルの大きな魅力です。

セゾンカードインターナショナルのお申し込み方法

最後にセゾンカードインターナショナルに興味を持った人向けに、作り方を紹介します。以下のとおりに作れば、問題なく審査、発行に至ることができるでしょう。

公式サイトから申し込む

セゾンカードインターナショナルを入手するには、まず公式サイトからの申し込みが必要です。スマートフォンまたはパソコンからアクセスし、必須項目を入力していきます。

すべての入力が終わって申し込みが完了すると、クレディセゾンからの申し込み確認の連絡があります(省略されることもあります)。その後、審査結果のメールが届くので、審査に通過している場合は、郵送またはセゾンカウンターでカードを受け取ります。

受け取り方法など

セゾンカードインターナショナルの受け取り方法は郵送とセゾンカードカウンターでの受け取りの2種類です。いずれの方法で受け取るかはカード申込時に決めます。

郵送受け取りは、審査結果メール受け取りの翌日から3営業日後に発送されるカードを自宅で受け取る方法です。

一方、セゾンカウンターでの受け取りは審査結果メール受け取り後、すぐに全国にあるセゾンカウンターでの受け取りが可能となるため、1日でも早くカードが欲しい人にオススメです。セゾンカウンターが近くにある人は、ぜひ検討してみてください。

セゾンカウンターで直接申し込む

セゾンカードインターナショナルはセゾンカウンターで直接申し込むことも可能です。対象のセゾンカウンターに以下を持参することで、店頭申し込みができます。

・本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書※1、個人番号カードなど)
・金融機関のお届け印
・キャッシュカード・通帳など口座番号がわかるもの

※1 運転経歴証明書は平成24年4月1日以降に交付されたものに限る。

こちらの方法も近くにセゾンカウンターがある場合には検討したい選択肢です。

即日発行したいならセゾンカードインターナショナルを選択肢に

これまで説明してきたように、セゾンカードインターナショナルは、インターネットで事前手続きをしておけば、最短で即日のカードが可能です。

急いでクレジットカードを作りたいという人にとっては、非常に魅力的なカードと言えるでしょう。