株式投資など資産運用を検討している中で、SMBC日興証券の特徴や評判・口コミについて、知りたい人は多いのではないでしょうか。

SMBC日興証券は、日興フロッギーや株式ミニ投資などのサービスが充実しており、初心者でも安心です。また、IPOの取り扱いが多く、dポイントも貯まるほか、100円からの株式投資やコツコツと積立投資も可能です。

この記事では、SMBC日興証券の特徴やメリット・デメリット、評判や口コミを解説します。

SMBC日興証券で取引する前に知っておきたい基礎知識

SMBC日興証券,特徴
(画像=PIXTA)

SMBC日興証券は人気の証券会社で、株式や投資信託、FX、ロボアドバイザー、日興フロッギーなどさまざまな商品やサービスを取り扱っています。また、手数料を2つのコースから選べます。

まずは、SMBC日興証券の取扱商品やサービス、手数料について見ていきましょう。

SMBC日興証券とは

SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。2009年に設立され、以前は日興コーディアル証券として運営していましたが、2011年に社名を変更しました。イチロー選手のCMや記事から株が買えるサービス「日興フロッギー」などでも知られる証券会社です。

SMBC日興証券の取扱商品・サービスについて

SMBC日興証券が取り扱っている商品は次のとおりです。

・株式
・債券
・投資信託
・FX
・日興ファンドラップ
・ロボアドバイザー
・年金・保険
・投信つみたてプラン
・証券担保ローン
・個人型確定拠出年金(iDeCo)
・NISA

株式や債券はもちろんのこと、日興ファンドラップやロボアド、証券担保ローンなど幅広い商品を取り扱っています。

また、次のようなサービスが利用可能です。

・日興フロッギー
・dポイントが貯まる・使える
・三井住友銀行の特別金利定期預金

SMBC日興証券では、このような商品・サービスを取り扱っています。

SMBC日興証券の手数料について

SMBC日興証券の株式取引手数料は、コンサルタントに相談しながら取引できる「総合コース」とネットで取引できる「ダイレクトコース」で異なります。以下は、2つのコースの国内株式手数料です。

総合コース

約定代金 支店 オンライントレード 注文専用ダイヤル
100万円以下 1.265%(最低5,500円) 0.8855%(最低1,925円) 1.07525%(最低2,337円)
100万円超200万円以下 0.990%+2,750円 0.6930%+1,925円 0.8415%+2,337円
200万円超300万円以下 0.880%+4,950円 0.6160%+3,465円 0.7480%+4,207円
300万円超400万円以下 0.825%+6,600円 0.5775%+4,620円 0.70125%+5,610円
400万円超500万円以下 0.770%+8,800円 0.5390%+6,160円 0.6545%+7,480円
500万円超1,000万円以下 0.660%+1万4,300円 0.4620%+1万10円 0.5610%+1万2,155円

ダイレクトコース

約定代金 オンライントレード 注文専用ダイヤル
10万円以下 137円 1.07525%(最低2,337円)
10万円超320万円以下 198円 1.07525%(最低2,337円)
20万円超30万円以下 198円 1.07525%(最低2,337円)
30万円超50万円以下 440円 1.07525%(最低2,337円)
50万円超100万円以下 880円 1.07525%(最低2,337円)
100万円超200万円以下 1,650円 0.8415%+2,337円
200万円超300万円以下 2,200円 0.7480%+4,207円
300万円超400万円以下 3,300円 0.70125%+5,610円
400万円超500万円以下 3,300円 0.6545%+7,480円
500万円超1,000万円以下 4,950円 0.5610%+1万2,155円

このように、国内株式は選択するコースによって手数料が変わります。

SMBC日興証券のメリット

SMBC日興証券は、初心者向けのサービスやサポートが充実していて、IPOの取り扱いが多いのがメリットです。LINEを使って気軽に問い合わせができるほか、dポイントが貯まり、使うことも可能です。100円から投資ができるため少額資金で始めたい人も安心です。

ここでは、SMBC日興証券のメリットについて見ていきましょう。

SMBC日興証券は初心者向けのサービスが充実

SMBC日興証券のメリットの一つが、初心者向けサービスが充実していることです。主なサービスは次のとおりです。

・日興フロッギー
・株式ミニ投資
・キンカブ
・投信つみたてプラン
・充実した問い合わせ・相談窓口

日興フロッギーは、記事を見ながら100円から株を買えるサービスです。株式ミニ投資は株式を1/10単位から購入でき、キンカブは対象銘柄を100円から投資ができます。投信つみたてプランでは、700本以上の投資信託に対して毎月1,000円からコツコツと積み立てが可能です。

また、SMBC日興証券は、LINEや電話、メール、チャットで問い合わせができます。わからないことがあれば、いつでも気軽に問い合わせができ、疑問や問題点を解消できます。初心者向けの解説や動画、セミナーなども実施しているので、初めての人でも安心です。

SMBC日興証券はIPO(新規公開株)にも強い

SMBC日興証券は、IPOに強い証券会社と知られています。IPOは新たに株式を上場させた企業が発行する株式のことで、初値が公開価格を上回ることが多いため、人気があります。

2021年8月9日時点で、以下4件のIPOを予定しています。

・フューチャーリンクネットワーク(9241)
・タンゴヤ(7126)
・ジェイフロンティア(2934)
・モビルス(4370)

急成長中の企業の株を手数料なしで購入可能です。預り資産残高等に応じて4つのステージがあり、IPOの当選確率が変動します。

IPOの取り扱いが多いことは、SMBC日興証券のメリットです。

SMBC日興証券の取引でdポイントが貯まる

SMBC日興証券では、「dポイントが貯まる・使える」こともメリットです。以下は、dポイントが貯まる・使える主なサービスと獲得ポイントです。

・国内現物株式取引で委託手数料200円ごとに最大5ポイント貯まる
・キンカブ取引で1ポイント=1円として使える
・キンカブの売り取引または100万円超の買い取引で売買約定金額500円ごとに1ポイント貯まる
・「日興フロッギー+docomo」の記事閲覧で1記事につき3ポイント貯まる
・投信つみたてプランで積立金額に応じて毎月最大300ポイント貯まる

このように、取引やサービス資料でdポイントが貯まる・使えるため、お得です。

小口投資・長期の資産運用に向いている

SMBC日興証券は、小口投資や長期資産運用に向いているのもメリットです。100円から株が買える日興フロッギーやキンカブ、1/10単位で購入できる株式ミニ投資などがあるからです。

また、毎月1,000円からコツコツ投資ができる投信つみたてプランやロボアドもあり、小口投資や長期の資産運用がしやすい商品が揃っています。「少額資金で投資を始めたい」「長い間じっくりと運用したい」という人も安心です。

SMBC日興証券は手数料が安い

SMBC日興証券は、信用取引の手数料が0円になるため、お得です。

ダイレクトコースなら約定代金や建玉残高にかかわらず、信用取引手数料が0円です。いつでも無料なので、コストを抑えて取引ができます。総合コースの場合も支店での取引と比較して65%割引と割安です。

また、毎月1,000円から積立ができる投信つみたてプランでは、約780本を取り扱っていますが、そのうち約550本はノーロードファンドで申込手数料が無料です。

このように、信用取引や投信つみたてプランは手数料コストを抑えて取引ができます。

SMBC日興証券のデメリット

SMBC日興証券は多くのメリットがある一方で、デメリットもあります。IPOの取り扱いが多いのが魅力ですが、必ず当選するわけではありません。購入を希望していても抽選に外れることもあります。また、総合コースは手厚いサービスを受けられますが、手数料は高めです。

ここでは、SMBC日興証券のデメリットについて見ていきましょう。

IPOの抽選に必ず当たるわけではない

SMBC日興証券はIPOの取り扱いが多いのが特徴です。IPOは手数料が無料で、初値が公開価格を上回ることも多いです。IPOの購入方法は、ブックビルディング(需要申告)に参加して、配分があった場合に募集申し込みをします。

ただし、抽選となるため必ず当たるわけではありません。SMBC日興証券では、預り資産残高等に応じて4つのステージがあり、IPOの当選確率が変動する優遇特典が用意されています。最も当選確率の高いステージであっても100%当たるわけではなく、外れることも多いです。

SMBC日興証券のIPOは取り扱いが多く魅力的ですが、抽選に必ず当たるわけではないことを理解しておきましょう。

総合コースの手数料は高め

SMBC日興証券の総合コースは、支店担当者からアドバイスや投資情報をもらいながら取引できるのが特徴です。ただし、コンサルティングを受けられることもあり、ダイレクトコースと比べると手数料が高くなります。

以下は総合コースの国内株式手数料です。

約定代金 支店 オンライントレード 注文専用ダイヤル
100万円以下 1.265%(最低5,500円) 0.8855%(最低1,925円) 1.07525%(最低2,337円)
100万円超200万円以下 0.990%+2,750円 0.6930%+1,925円 0.8415%+2,337円
200万円超300万円以下 0.880%+4,950円 0.6160%+3,465円 0.7480%+4,207円
300万円超400万円以下 0.825%+6,600円 0.5775%+4,620円 0.70125%+5,610円
400万円超500万円以下 0.770%+8,800円 0.5390%+6,160円 0.6545%+7,480円
500万円超1,000万円以下 0.660%+1万4,300円 0.4620%+1万10円 0.5610%+1万2,155円

例えば、支店の場合、100万円の取引で1万2,650円(100万円×1.265%)もかかります。ダイレクトコースのオンライントレードなら手数料は880円です。

総合コースは手厚いサービスを受けられるため、手数料は高くなります。手数料も考慮したうえで収支計画を立てるようにしましょう。

SMBC日興証券の良い評判・口コミ

SMBC日興証券は、次のような良い評判・口コミがあります。

・100円から投資ができる
・記事を読んで株を買える
・dポイントが貯まってお得
・IPOが多いのでうれしい

SMBC日興証券は、日興フロッギーや株式ミニ投資などがあり、100円から投資が可能です。dポイントを貯めて、使うこともできるためお得です。IPOの取り扱いが多く当選率アップの特典も用意されています。

このように、サービスの充実度や少額資金で取引できること、IPO関連について良い評判・口コミが目立ちます。

SMBC日興証券のいまいちな評判・口コミ

SMBC日興証券は、次のような悪い評判・口コミがあります。

・総合コースは手数料が高い
・dポイントの付与率を高めてほしい

SMBC日興証券の総合コースは、コンサルティングを受けられるため、ダイレクトコースに比べると手数料が高く設定されています。その分コストが高くなるので、不満に感じている人も多いようです。また、取引や利用サービスによってdポイントが貯まりますが、付与率をもう少し高くしてほしいという声もあります。

SMBC日興証券の日興イージートレードとは

日興イージートレードとはオンライントレードのことです。現物株の取引手数料は137円〜、信用取引の手数料は0円です。

人気のアナリストレポートや最大100銘柄まで登録できる株価ボードや四季報情報、売買シグナル、QUICKスコア、リアルタイム株価が無料で使えるため便利です。過去の市場データと決算データをもとに期待収益性を予想するAI株式ポートフォリオ診断なども利用できます。

投資情報や取引状況は専用アプリからいつでも確認が可能です。

SMBC日興証券の会社概要

SMBC日興証券を運営するSMBC日興証券株式会社の概要は、次のとおりです。

会社名:SMBC日興証券株式会社
設立:2009年6月15日
資本金:100億円(2021年3月31日時点)
本社所在地:〒100-8325 東京都千代田区丸の内3-3-1
代表者:代表取締役社長(CEO)近藤 雄一郎
金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第2251号
株主構成:株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
加入協会:日本証券業協会
     一般社団法人 日本投資顧問業協会
     一般社団法人 金融先物取引業協会
     一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
     一般社団法人 日本STO協会

SMBC日興証券の評判や口コミまとめ

三井住友フィナンシャルグループのSMBC日興証券は、日興フロッギーや株式ミニ投資、投信つみたてプラン、ロボアドなどサービスが充実しており、初心者にも人気があります。気軽にLINEで問い合わせができるほか、dポイントも貯まり、IPOの取り扱いも多いです。100円から株を購入したり、コツコツ積立運用をしたりすることも可能です。

インターネットや電話、支店で口座開設の申し込みができ、ネット申し込みなら最短即日で取引を開始できます。SMBC日興証券に興味がある人は、早速口座を開設して取引ツールや投資情報サービスを利用してみましょう。