三井住友カードナンバーレスは、最近発行され始めたカードで、券面にクレジットカード番号などが表記されていません。利用者が安心・安全に使えるように配慮されていますが、実際に使用した人の評判はどうなのでしょうか。

この記事では、三井住友カードナンバーレスの評判を紹介し、特徴を解説します。

三井住友カードナンバーレスとは?

三井住友カードナンバーレス,評判
(画像=PIXTA)

クレジットカードとしての特徴





三井住友カードナンバーレス 特徴
年会費 永年無料
家族カード:無料、ETCカード:無料
申し込み条件 高校生以外の18歳以上
発行日数 最短5分でデジタル発行(受付時間9:00~19:30)
電子マネー スマホ決済 iD、WAON、Apple pay、Google pay、Visaタッチなど
国際ブランド VISA、Mastercard
付帯保険 海外旅行
ポイント 200円につき1ポイント付与(0.5%還元)
有効期限は2年間

三井住友カードナンバーレスは、年会費が永年無料のクレジットカードです。追加カードとして家族カードとETCカードが発行できます。いずれも年会費は無料で、家族カードの発行人数に制限はありません。

入会条件は18歳以上となっていますが、高校生は申し込みができません。18歳以上でも、未成年者は申し込みにあたって親権者の同意が必要です。国際ブランドは、VISAとMastercardで、ともに加盟店が多いので、国内でも海外でも不自由なく使えるでしょう。

ほかにも三井住友カードナンバーレスにはユニークな特徴がありますが、詳しくは後述します。

ナンバーレスカードとしての特徴

三井住友カードナンバーレスの券面には、クレジットカード番号も有効期限も記載されていません。記載されているのはカード発行日と氏名だけです。つまり重要なクレジットカード情報が他人や店員に見られる心配がなく、不正利用のリスクが少ないということを意味します。ネットショッピングなどでカード番号が必要な際は、専用アプリでチェックできます。

三井住友カードナンバーレスのメリット・デメリット

三井住友カードナンバーレスの特徴について、もう少し詳しくメリットやデメリットを確認してみましょう。

三井住友カードナンバーレスのメリットいろいろ

三井住友カードナンバーレスには、ナンバーレスカードである以外にも、多くのメリットがあります。

まず最短5分で即時発行され、カードが来る前にネットショッピングができます。専用アプリ「Vpass」でカード番号を確認し、サイトに入力することが可能です。その際はコピペで簡単に入力できるので、余計な手間もかかりません。

カード番号や有効期限は、専用アプリで確認できます。カードを使った買い物の支払いも、アプリの通知で確認できるので、見落としてしまう心配もありません。獲得したポイントの残高も一目でわかるため、ちょっとした買い物でもお得に感じることができるでしょう。

三井住友カードナンバーレスのデメリット

三井住友カードナンバーレスの最初のデメリットは、ポイントです。通常は還元率が0.5%しかありません。この還元率は低い部類に入り、やや物足りないと思う人もいるでしょう。ただ、お店によってはポイントアップ特典があるので、うまく活用することが重要です。

また、カードそのものについては、ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードはありません。その分、審査基準は一律なので、これからクレジットカードを持ちたいと考えている人にとっては、さほどデメリットに感じないでしょう。

三井住友カードナンバーレスの評判とは

三井住友カードナンバーレスを実際に使用している人の評判はどうなのでしょうか?いくつかの参考情報をあげて解説します。三井住友カードナンバーレスの入会を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

年会費無料がうれしい

まず挙げられるのが、年会費無料という点です。年に1回だけかかる費用とはいえ、「余計なお金の心配がない」という点にひかれた人も少なくないでしょう。

カード会社によっては、初年度のみ無料というパターンも少なくありません。三井住友カード ナンバーレスは年会費が永年無料なので、後から年会費の支払いが発生する心配はありません。

コンビニでのポイント還元率が高い

次に挙げられるのが、コンビニでの利用時にポイントの還元率が高いという点です。日ごろの買い物でポイントがつきやすいというのは、カードでの支払いをメインにしている人にとってはメリットを感じやすいでしょう。タッチ決済でさらに2.5%の還元があるのも、口コミで人気になった理由と言えます。

三井住友カードナンバーレスは、セブンイレブンなどのコンビニで利用すると、還元率が大幅アップします。この点をメリットに挙げられる人は、特典を存分に利用できるでしょう。

ナンバーレスで安心

ナンバーレスカードで注目されるのは、安全性です。インターネットで簡単に管理が行えるため、初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できます。特に、カード情報のスキミングなど、クレジットカードに関する不正利用の心配が少ないのも、このカードが選ばれる理由になっているようです。

三井住友カードナンバーレスの審査は厳しい?

三井住友カードナンバーレスの特徴やメリット、評判を見ると、申し込んでみようかなという人も出てくるでしょう。そこで、気になるのが審査です。優れたクレジットカードでも、審査に通らなければ作成できません。審査は厳しいのか、甘いのか、検証してみましょう。

申し込み条件

三井住友カードナンバーレスの申し込み条件は、冒頭の表でも示しましたが、高校生以外の満18歳以上となっています。18歳以上なら、大学生でも専門学校生でも申し込みができます。ただし、未成年者は親の同意が必要なので、親に内緒でカードを作ることはできません。

そのほかの点は条件が示されていないので、専業主婦でも申し込みができます。ただし、世帯年収を申し込み欄に記述する必要があります。

審査基準について

クレジットカードの審査基準を見る場合、よく取り上げられるのが発行元です。どの企業や組織が発行しているかで、審査基準が異なるといわれています。三井住友カードナンバーレスの場合、発行元は銀行系のカード会社です。そのため、審査基準は、他のクレジットカードと同じようなものと見ておくのがよいでしょう。

三井住友カードナンバーレスはどんな人におすすめ?

以上、さまざまな面から三井住友カードナンバーレスについて検証してみました。ここでは、相性の良さそうな人を挙げてみましょう。

コンビニやマクドナルドをよく利用する人

三井住友カードナンバーレスのポイント還元率は、コンビニのセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、マクドナルドで大きくアップします。タッチ決済を利用すれば、還元率は5倍になります。つまり、コンビニやマクドナルドの利用頻度が多い人には特におすすめです。

三井住友カードナンバーレスを手に入れるまでの流れ

最後に三井住友カードナンバーレスを手に入れるまでの流れを確認しておきましょう。

通常発行の場合

三井住友カードナンバーレスへの申し込みは、公式サイトからできます。パソコンやスマートフォンでアクセスしてみましょう。まずは「お申し込みはこちら」という欄を選びます。次に「通常発行でお申し込み」に進み、会員規約に同意します。最後に「オンライン申し込み」欄に必要事項を入力して、申し込み手続きをしてください。

次に審査が行われ、結果は最短当日にメールで確認できるようになっています。最短営業日にカードが発行され、約1週間でカードが手元に届きます。カードが届いたら、専用アプリVpassをダウンロードして登録し、カード番号を確認しましょう。

即時発行の場合

即時発行の場合、「即時発行」ボタンから申し込みます。審査は早ければ5分、遅くとも10分くらいです。ただし、申し込み内容に問題があれば、即時発行はできません。

次に電話認証が行われ、認証が完了すれば、Vpassアプリをダウンロードして登録します。カード番号を確認し、この時点でネットショッピングやスマホ決済の利用が可能です。カードは後日送られてきます。

セキュリティ万全の三井住友カードナンバーレス

最近は、ナンバーレスカードに注目が集まっています。カード券面にカード番号などの記載がないカードで、他人に大切な情報が盗み見されないので、安心・安全に利用できます。クレジットカードのセキュリティ面が特に気になる人は、ぜひ申し込んでみてください。