他の仮想通貨にはないユニークな特徴をもつATOM(アトム)。

この記事では、アトムの過去の値動きを分析し、特徴や将来性について解説する。「ブロックチェーン同士をつなぐ」というATOMは、今後の仮想通貨市場で大きな役割を担うことになるかもしれない。

仮想通貨ATOMの特徴とは

ATOM,アトム,特徴
(画像=PIXTA)

ATOM(アトム)は、Tendermint(テンダーミント)社が開発した仮想通貨だ。

ATOMが使用されるのは、Cosmos(コスモス)というブロックチェーンだ。Cosmosという英単語には、宇宙・秩序・調和といった意味がある。Cosmosは、「インターネット・オブ・ブロックチェーン(Internet of Blockchain)」というビジョンを掲げており、誰もがブロックチェーンを開発・利用できる未来の実現を目指している。

Cosmosの最大の特徴は、互換性のないブロックチェーン同士をつなぐ構造を持つことだ。各ブロックチェーンをZone(ゾーン)という単位の中に配置し、中継地点となるHub(ハブ)でつないでいく。そうすれば、仮想通貨取引所を通さなくても、仮想通貨同士を交換することが可能だ。代表的なHubには、「Cosmos Hub(コスモスハブ)」がある。

2021年6月現在、仮想通貨の時価総額1位はビットコイン、2位はイーサリアムだが、ビットコインとイーサリアムには互換性がない。交換するには仮想通貨取引所を通す必要があり、データ通信もできない。

Cosmosを使えば、ビットコインとイーサリアムをつなぐことが可能だ。このような仕組みは、クロスチェーンとも呼ばれている。

ブロックチェーン同士をつなぐことで得られるメリットの1つとして、スケーラビリティ問題の解決が挙げられる。仮想通貨の利用者が増えると、処理速度の遅延や手数料の値上がりが起こることがある。これを、スケーラビリティ問題という。ビットコインやイーサリアムは現在、スケーラビリティ問題に悩まされている。

Cosmosでブロックチェーン同士をつなぎ、処理によって発生する負荷を下げることができれば、スケーラビリティ問題の解決につながる可能性がある。また、Cosmosは「Cosmos SDK」というブロックチェーン開発キットを一般公開している。この開発キットを使えば、独自のブロックチェーンを開発できる。そのため、Cosmos SDKを使用した独自ブロックチェーンのプロジェクトはいくつも存在している。

代表的なものには、世界最大級の規模を誇る中国の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の独自ブロックチェーン「BinanceDEX」がある。DEX(分散型取引所)は、ブロックチェーンで運営される取引所のことで、仲介者となる企業を通さず、ユーザー同士が直接仮想通貨を取引できる。

Cosmosは、ブロックチェーン同士をつなぐというユニークな特徴をもつ。開発キットが一般公開されていることからも、今後Cosmosの活用が広がっていくと予想される。それにともない、仮想通貨ATOMの価格も上昇する可能性がある。今のうちに投資しておくことで、将来は元手が数倍、数十倍に膨らむかもしれない。

ATOMの値動きから見る今後の展望

ATOMを考案したのは、ジェ・クォン(Jae Kwon)氏だ。クォン氏は、2014年にTendermint社を設立した。2017年にはICO(新規通貨公開)で、約1,700万ドル(約18億円)という巨額の資金調達に成功した。

ICOとは、独自の新しい仮想通貨を発行して販売することで、資金調達する仕組みを指す。上場して株式を販売し、資金調達することをIPO(新規株式公開)というが、ICOはIPOの仮想通貨バージョンと考えると理解しやすいだろう。

ATOMは2019年4月に、世界最大級の規模を誇る中国の仮想通貨取引所バイナンスに上場した。上場後は、800円台を記録したものの、その後は200円~400円台を推移する時期が続いた。

2020年秋ごろから、仮想通貨市場の投資熱が加速し、ビットコインの価格が急上昇し始めた。このとき、ATOMにはまだ目立った値動きはなかったが、2021年に入ってからATOMの価格も上昇し始めた。1月には初めて900円の壁を突破し、2月半ばには約2,600円となった。その後も乱高下を繰り返しながら、5月に約3,200円に到達した。

しかし、5月半ばに状況が一変した。これまで15億ドルをビットコインに投資するなど、仮想通貨に対して前向きな姿勢を示していた米電気自動車大手のテスラ社CEOのイーロン・マスク氏が、ビットコインのエネルギー消費量が多いことに対して否定的なツイートをしたのだ。マスク氏は、ビットコインによるテスラ車の購入を停止する考えも示した。

その影響で、ビットコインをはじめとした仮想通貨の多くが一気に下落に転じた。ATOMも下落に巻き込まれて急落し、2021年6月現在、約1,500円となり、最高値の半額以下の水準にとどまっている。

ATOMの過去の高騰とこれからの高騰を予測

ATOMは、長らく数百円台を推移していたが、2021年に高騰した。仮にATOMが200円のときに100万円を投資していれば、最大で16倍の1,600万円になっていた計算になる。ATOMは現在、マスク氏の発言で下落中だ。このタイミングで投資して、将来的に価格が回復すれば、大きなリターンを得られるかもしれない。

2020年には、日本の大手自動車メーカーTOYOTAが、中古車IDを活用した中古車の「所有権移転」の実証実験を行った。実験を行ったのは、2019年に設立されたトヨタグループ横断のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」だ。この実証実験では、Cosmosが基盤とするTendermintをベースに、自社開発したブロックチェーンが使用された。

今後、Cosmosをベースとしたブロックチェーンの活用が増えれば、ATOMの価格が上昇する可能性もある。特に、大手企業によるCosmosの活用事例には、アンテナを張っておくようにしたい。

一方、今は多くの仮想通貨が乱立する時代だ。「ブロックチェーン同士をつなぐ」というユニークな特徴を生かしきれるかどうかが、ATOMの今後を左右するだろう。

ATOMを保有するメリットとデメリット

ユニークな特徴をもつATOMだが、投資家にとっての魅力はどこにあるのか。続いて、ATOMを保有するメリット・デメリットを解説する。

ATOMを保有するメリット

ATOMを保有するメリットは、Cosmosの将来性だ。Cosmosはユニークな特徴に加え、ブロックチェーン開発キットが一般公開されていることから、多くの企業や個人がCosmosをベースにブロックチェーンを開発する可能性がある。Cosmosが世の中に浸透すれば、ATOMの価格が数十倍、数百倍になるかもしれない。

ATOMは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)という仕組みを採用している。PoSは、ビットコインで採用されているPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と比べて、エネルギー消費が少ないという特徴がある。マスク氏の発言もあり、仮想通貨市場におけるエネルギー消費問題は世界的に注目されている。現在はビットコインの下落に巻き込まれた形だが、PoSを採用していることから、今後価格が回復する可能性は十分にある。

また、ATOMにステーキングがあることも、投資家にとってのメリットだ。従来の仮想通貨市場では、売却益でリターンを得ることが一般的だった。「キャピタルゲイン」と呼ばれる売却益に対し、保有しているだけで継続的に得られるリターンを「インカムゲイン」という。ATOMはPoSを採用しており、保有しているだけで、ステーキングによってインカムゲインを得られる。普通預金の利息のようなものと考えればわかりやすいだろう。

ATOMを保有するデメリット

ATOMは、特徴や将来性から今後が楽しみな仮想通貨だ。しかし、2021年6月現在、日本国内では取り扱いがない。そのため、ATOMを購入する場合、海外の仮想通貨取引所で口座開設しなければならず、投資のハードルが高いのがATOMのデメリットだ。

金融庁に認可された仮想通貨取引所に上場している仮想通貨を、一般的にホワイトリストと呼ぶ。取引所は仮想通貨を上場させる際に、一定の審査を行っている。投資家が大損するようなことがあれば、取引所としても損害をこうむるおそれがあるからだ。

そのため、審査を通ったという点で、ホワイトリストに載っている仮想通貨には一定の安心感がある。日本国内で取り扱いのないATOMは、ホワイトリストに載っていない。ATOMに投資する際は、リスクを十分に理解しておく必要がある。

ATOMの取引におすすめの取引所とは?

ATOMを購入するには、海外の仮想通貨取引所を利用しなければならない。海外の仮想通貨取引所の中でも最大級の規模を誇るのが、冒頭でも紹介したバイナンスだ。

バイナンスは中国の仮想通貨取引所で、100種類を超える仮想通貨を取り扱っている。日本国内の仮想通貨取引所の中で最も多くの仮想通貨を取り扱っているのはコインチェックだが、通貨の種類は16種類だ。そう考えると、バイナンスがいかに多くの仮想通貨を取り扱っているかがわかる。バイナンスを使えば、ATOMに限らず、さまざまな仮想通貨に投資できる。

しかし、2021年6月現在、バイナンスは金融庁の認可を得ていない。2018年には、無登録営業について、金融庁が警告を出している。このような状況でトラブルに見舞われたとしても、泣き寝入りするしかない可能性がある。バイナンスで取引する際は、リスクを十分考慮するようにしたい。

仮想通貨投資が初めての場合、まずは日本国内の仮想通貨取引所で口座開設し、投資経験を積むのもいいだろう。そのうち、日本国内でもATOMの取り扱いがスタートする可能性は十分にある。

これからも注目が集まる仮想通貨のATOM

Cosmosの「ブロックチェーン同士をつなぐ」というユニークな特徴から、ATOMは成長が期待される仮想通貨だ。今後、あらゆる産業において、ブロックチェーン技術が活用されるようになるだろう。時代の波にうまく乗ることができれば、Cosmosのブロックチェーン開発キットは、一気に普及する可能性もある。

CosmosやATOMのニュースに気を配り、Cosmosを活用した興味深いブロックチェーンアプリケーションや、大企業との連携を見逃さず、値上がりのタイミングを見極めるようにしたい。