三井住友カードプライムゴールドは、三井住友銀行が提供するゴールドカードのひとつで、「20代のあなたに ワンランク上の毎日を」というキャッチフレーズのカードです。

この記事では、基本情報や口コミをもとに三井住友カードプライムゴールドの評判を紹介していきます。機能はもちろん、実際に使っている人の体験や、同じ三井住友カードや一般的なゴールドカードと比較もまとめているので、カードを選ぶ際の参考にしてみてください。

三井住友カードプライムゴールドとは

三井住友カードプライムゴールド,評判
(画像=PIXTA)

最初に、三井住友カードプライムゴールドの基本的な情報を知っておきましょう。

三井住友カードプライムゴールドは、20代専用のゴールドカードです。「満20歳以上30歳未満」で安定した収入のある人が対象で、30歳になって最初の更新で三井住友ゴールドカードに自動更新されます。

年会費は初年度無料ですが、翌年以降は5,500円(税込)です。条件をクリアすると年会費が割引になる特典もあるので、ぜひ活用しましょう。最短で翌営業日に発行可能な点も特徴です。

別途年会費はかかりますが、ETCカードや家族カードも付帯可能です。いずれも初年度は年会費無料ですが、ETCカードは550円、家族カードは1,100円の年会費がかかります。

ポイント還元率は0.50%~2.50%で、200円の利用で1ポイント付与されます。ポイントモールを経由した利用や、ポイント特約店での利用で還元率を高くすることが可能です。

貯めることができるポイントは、基本的に三井住友カードのVポイントで、貯まったポイントは1ポイント1円で支払いなどに利用できます。Tポイントや楽天ポイントなど豊富な種類のポイントに交換もでき、楽天EdyやWAONなどの電子マネーや、Apple PayやGoogle Payといったスマホ決済にも対応しているので、汎用性が高いカードと言えるでしょう。

国際ブランドはVISAとMasterCardに対応しており、海外旅行でも活躍します。三井住友ゴールドカードとほぼ同等の特典があり、旅行保険は最大5,000万円まで補償されるので、旅行好きの人にはうれしいメリットでしょう。国内の一流ホテルや宿泊施設を優待価格で利用できたり、国内空港ラウンジを無料で利用できたりします。

三井住友カードプライムゴールドのメリット・デメリット

三井住友カードプライムゴールドのメリットと、デメリットに感じられる部分をまとめました。以下で個別に解説していきます。

メリット1:ゴールドカードの中では年会費が安い

三井住友カードプライムゴールドの年会費は5,500円(税込)です。一般的なゴールドカードは1万円程度が多いので、ゴールドカードの中では比較的使いやすいと言えるでしょう。

三井住友カードの一部のカードは、条件をクリアすることで年会費の割引特典が受けられ、三井住友カードプライムゴールドも対象になっています。

WEB明細を利用すると、年会費が1,100円の割引となり、「マイ・ペイすリボ」の申し込みとの利用で年会費が半額になります。WEB明細の利用と「マイ・ペイすリボ」を登録・利用すれば、年会費は1,650円(税込)です。利用金額に応じて割引される特典もあり、前年度の利用が100万~300万円未満で20%の割引、300万円以上の利用で半額の割引特典が受けられます。

これだけの割引特典があり、三井住友カードゴールドとほぼ同等の機能と優待があるので、コストパフォーマンスが高いカードと言えるでしょう。

メリット2:安心のセキュリティ

銀行カードということもあり、セキュリティ面において安心できるという点は大きなメリットです。モニタリングシステムによってカードの不正利用を24時間365日監視しているため、不正利用があったときはすぐにわかるようになっています。

また、カードにも工夫を凝らしています。カード番号を表面ではなく、裏面に記載することで盗み見や複写コピーによる情報漏えいを防いだり、カード裏面に無料で顔写真を印字できたり、ICチップを搭載したりと、セキュリティ対策への評価は高くなっています。

デメリット1:ポイント還元率が低い

ポイント還元率は基本的に0.5%で、200円の利用で1ポイントとなり、年会費がかかるカードとしては少々物足りなく感じられるかもしれません。ポイントモールを経由したり、ポイント特約店を選んで買い物をしたりすれば、通常のポイントに2.0%のポイント還元が得られるので、使う場所を工夫してみるといいでしょう。

デメリット2:使えるのは20代だけ

三井住友カードプライムゴールドを利用できるのは、満20歳以上30歳未満で安定した収入がある人のみです。30歳を迎えて最初の更新で、自動的に三井住友カードゴールドに更新されます。三井住友カードゴールドの年会費は1万1,000円(税込)となるため、20代から利用している人にとってはデメリットに感じられるでしょう。

ただし、ゴールドカードに更新すると継続サンクスポイントとして2,500ポイントもらえます。年会費割引の特典も継続するので、条件を満たせば年会費を4,400円(税込)にすることもできます。

三井住友カードプライムゴールドの評判は?

三井住友カードプライムゴールドの評判について、公式サイトに具体的な口コミは掲載されていません。そこで、クレジットカードを利用しようと考えている人向けの公式コラムをもとにプライムゴールドを所持する理由をまとめてみました。

大学生の8割が自分名義のクレジットカードを持っている

2019年度の一般社団法人日本クレジット協会の調査によると、大学生のクレジットカード所持率は約6割で、本人名義のカードを所持している割合はそのうちの8割という結果になりました。「インターネットショッピングなどで簡単に決済ができる」「海外旅行で使える」という点で、学生でも20代でもつくれるクレジットカードは需要が高い傾向にあります。

20代限定であることが大きな特徴の三井住友カードプライムゴールドは、20代なら持っておいて損はないと言えそうです。通常のゴールドカードより安い年会費で、三井住友カードゴールドとほぼ同じ優待を得られるのはメリットと言えるでしょう。

「きちんとした人に見られたい」という人にぴったり

ゴールドカードやプラチナカードといったハイステータスなクレジットカードは、一般のカードより審査が厳しく、年会費もかかるという点で、持っているだけで社会的信用度が高くなります。海外でも身分証明の代わりに使えたり、病気や事故で医療費を払うときに支払いの証明に使えたりします。

通常、クレジットカードを自分1人で使う場面ではカードのステータスを意識することは少ないかもしれません。しかし友人や知人の前で使うときには、社会的信用度の高いハイステータスのカードを持っておきたいと考える人も多いようです。

20代で持てる社会的信用度の高いカードとして、三井住友カードプライムゴールドは「きちんとした人に見られたい」という声に答えるカードと言えるでしょう。

ポイント還元率は低いが貯めやすい

ポイントは200円で1ポイントなので、還元率は決して高いほうではありません。この点に関して不満を抱くユーザーもいるでしょう。しかし、ポイントモールを経由したり、特約店を活用したりすれば、還元率をアップさせることができます。さらに年間100万~200万円程度の利用があれば、翌年度の年会費を20%割引できると考えると、総合的に年会費を上回るポイントを獲得できるでしょう。

ポイントが2倍になるポイント特約店は、ファミリーマート、セブンイレブン、ローソンのコンビニ3社、マクドナルドと、20代が日常で利用しやすい店舗です。ちょっとした支払いにカードを使う習慣がつけば、かなりお得にポイントを貯めることができるでしょう。

特に三井住友カードプライムゴールドは、18歳から25歳までの人がつくることができる三井住友カードデビュープラスからの自動更新でも入手可能なカードです。三井住友カードデビュープラスから継続利用していれば、継続サンクスポイントを受け取ることもできます。

三井住友カードプライムゴールドの審査は厳しい?

三井住友カードプライムゴールドは、年会費こそ安いもののゴールドカードに変わりはありません。通常のクレジットカードに比べると審査は厳しいのではないかと思う人も多いでしょう。公式情報では審査の厳しさについては記載がないので、正確なところは不明です。

インターネット申し込みなら、最短で翌営業日発行も可能です。審査状況を確認することもできるので、活用するといいでしょう。

ちなみに、25歳以下が利用できる三井住友カードデビュープラスを利用している場合、収入にかかわらず26歳になると自動的に三井住友カードプライムゴールドに更新されます。20代であれば、参入しやすいカードと言えるでしょう。

三井住友カードプライムゴールドを手に入れる方法

三井住友カードプライムゴールドを手に入れるには、主に2つの方法があります。

Webか郵送で申し込み

三井住友銀行の店頭で書類を入手して郵送で申し込む方法と、Webで申し込む方法があります。Webで申し込むと初年度の年会費が無料になるので、Webから申し込むほうがお得でしょう。氏名・生年月日に加え、支払い用の銀行口座を記入します。運転免許証などの本人確認書類とマイナンバーカードの提出を求められるので、準備しておきましょう。

Web申し込みの場合、審査は即日で完了し、遅くとも翌日には完了します。ただしWebでも郵送でもカードが届くまで時間がかかるので注意しましょう。カードは1週間程度で届きます。通常のクレジットカード同様に本人受け取りで、代理人による受け取りはできません。

三井住友カードデビュープラスからスタート

18歳以上25歳以下限定の三井住友カードデビュープラスは、満26歳になると自動で三井住友カードプライムゴールドに更新されます。18歳以上25歳以下の人が登録可能な三井住友カードデビュープラスからスタートしてみてもいいでしょう。

使い勝手抜群の三井住友カードプライムゴールド

三井住友カードプライムゴールドの評判についてまとめました。20代専用のカードということもあり、年会費を抑えてゴールドカードと同等の優待を受けられるのがメリットです。ポイント還元率が低い点は、ポイントモールの活用や特約店の利用でお得にカバーできるでしょう。

ゴールドカードの中では審査基準も比較的低く、三井住友カードゴールドに自動更新後も条件次第で年会費を抑えられる点を踏まえても、20代なら持っておいて損はないカードと言えます。

20代でカードを持ちたい人や学生になったお子さんにカードを持たせたい人は、検討してみてはいかがでしょうか。