転職には大きな決断が伴うもの。だからこそ、転職先の評判や内情を事前に可能な限り知っておきたいと考える人も多いでしょう。そうした際に、参考になるのが口コミ転職情報サイトです。

そうしたサイトの一つである「転職会議」には、登録者のよる様々な口コミが集まっています。この記事では、実際に口コミは参考になるのかなど、転職会議を利用した人たちの声やサービスの概要について解説・紹介していきます。

転職会議とは

転職会議,評判
(画像=PIXTA)

転職会議は、株式会社リブセンスが運営している転職求人サイトです。リブセンスは、アルバイト募集情報サイト「マッハバイト」や「ジョブセンス」の運営、不動産業などに事業を行ってます。

転職会議は、「口コミをチェックできる掲示板」だと思っている人も多いようですが、実は口コミを見ながら求人情報も確認できる「転職求人サイト」なのです。まずは転職会議の基本情報を見ていきましょう。

求人情報数 219,824件
口コミ登録企業数 174,364社
会員登録者数 700万人以上
履歴書添削 なし
面接対策 なし
形態 口コミ求人サイト
対象エリア 全国

*2021年5月現在公式サイトより

会員登録者数からもわかるように多くの人に利用されているため、その口コミから様々な企業の内情を知ることができます。

300万件以上のリアルな口コミ

転職先を決める際もっとも知りたいのが、実際の給与や社内の雰囲気、上司の態度などそこで働く人のリアルな声だと考えられます。しかし、そうした情報を入手するのは困難です。しかし、転職会議には大企業をはじめ約17万社・300万件以上の口コミが掲載されています。

20万件以上の求人情報

転職会議では口コミだけではなく、求人情報も確認して気なる企業があればその場で応募することができます。その数は20万件以上と、大手転職情報サイトに引けを取らない掲載数となっています。

実際に他転職情報サイトとの掲載数を比較してみましょう。

求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 112,674件
エン・転職 5773件
パソナキャリア 40,000件以上

*2021年5月現在公式サイトより

転職会議は、「doda」「type」などの転職媒体と提携することで、他媒体に掲載されている求人もまとめて掲載しています。それぞれのサイトでひとつひとつ求人を探すのには、手間も時間もかかりますが、口コミを見ながら転職会議のサイト内で求人が確認できるというメリットがあるのです。

転職会議を利用した人の口コミ

では実際に転職会議を利用して転職先探しをした事のある人は、どんな印象を持ったのでしょうか。口コミを見てみましょう。

転職会議の口コミ

1.転職会議が役に立つ。意見が結構リアル!
2.転職会議は元社員の口コミが読めて便利。ブラック企業を見分けるのに役立つ
3.転職会議で自分の会社の口コミを見ると実態通りに書かれている
4.退職者の不満が書いてあることが多いので不安を煽られることもあるが、だからこそ有益な情報も多い。
5.転職活動の際に求人探しに困らなかった。多くの登録者から集められたリアルな口コミも見ることができるので、世の中の評判と自分の目で企業を見極めて転職先を探すことが出来た。利用して本当に良かった。

やはりリアルな声が転職先を選ぶ際に役立っているようです。実際にその会社で働いたことのある人にしかわからない情報は、転職者にとって貴重な情報源になるでしょう。

転職会議はどんな人におすすめ?

転職会議はどのような人が利用すると良いのでしょうか。その理由とともに紹介していきます。

1.転職先のリアルな口コミを元に求人を探したい人

「年収」「社内の雰囲気」「労働環境」など実際に働いてみないとわからない口コミ情報がたくさん掲載されているので、転職前にある程度会社の内情をよく知ってから応募することができます。特に前職で気になっていたことがある人は、転職前によくそれらの口コミをチェックしてから応募できるでしょう。

2.転職活動に時間をかけられない人

前述したように転職会議は、複数の転職エージェントの求人情報が網羅されています。あちこちの求人情報サイトに登録するよりも、転職会議で一括管理が可能です。また、多くの口コミを確認しながらその場で応募ができるので、情報収集の手間も省けます。転職活動にあまり時間をかけられない人におすすめといえるでしょう。

転職会議を利用する流れ

転職会議を利用するには、会員登録や口コミの投稿などいくつかのハードルがあります。注意点と合わせてご紹介していきます。

まずは無料会員登録を

転職会議を利用するにはまず無料会員登録が必須です。登録の流れを見ていきましょう。

1.「会員登録」をクリックして、メールアドレスとパスワードを入力し「登録ボタン」をクリックします。メールアドレス以外にも「Googleアカウント」「Yahoo!JAPANID」「Facebookアカウント」「Twitterアカウント」でも登録が可能です。

2.次の画面では、必要事項を入力していきます。主に希望年収や職種、スキルなど転職先を選ぶ際に必要になる情報を入力していきます。

3.全ての入力が終わると「転職ナビ」への同時登録の案内があります。登録は任意なので必ずしも転職ナビに登録する必要はありません。ご自身で必要があればチェックを入れて登録しましょう。

4.最後に登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、メール内に記載されているURLをクリックし認証が完了すれば、登録作業は終了です。

口コミを見るためにプランを選択

会員登録をして、その時点から48時間だけ企業ページの「評判」の項目上位10件のみ口コミを閲覧できます。それ以降全ての口コミを見るためには「自分の口コミを投稿する」もしくは「有料の口コミパスを購入する」のどちらかを選択する必要があります。

1.自分の経験を口コミ投稿する無料プラン

まずは無料で口コミを見られる方法を紹介します。転職を考えているからには、どこかで何かしらの職務経験がある人が多いでしょう。自分の経験を口コミに投稿することでパスが発行され、無料で他の人が投稿した各社の口コミを「39日間」閲覧することができます。 口コミは1つの企業に対して3種類150文字以上を投稿する必要があります。

2.有料の口コミパスを購入する有料プラン

980円で購入できる「口コミパス」を利用するという手段もあります。口コミを投稿すると個人情報がバレるのでは…と心配になる人もいるかもしれません。しかし、パスを購入することで口コミを投稿せずに閲覧が可能になります。閲覧できる期間は口コミ投稿の無料プランと同じ「39日間」です。購入はクレジットカードによる決済のみで、一度購入ボタンを押してしまうとキャンセルはできませんので、二重クリックなどに注意しましょう。

転職会議を利用するメリット・デメリット

ここまで見てきた通り転職会議は、転職を希望する人には非常に有益なサイトの一つだといえるでしょう。しかしメリットがあればデメリットもあります。

転職会議を利用するメリット

転職会議で閲覧できる口コミは正社員の口コミだけだと考える人も多いかもしれませんが、実は契約社員やアルバイトの口コミもたくさんあります。さまざまな立場からの口コミは、その会社を知る上でとても役立つのではないでしょうか。

また、口コミ情報は働いている間の口コミだけとは限りません。面接時の質問内容や雰囲気、選考の内容などが投稿されていることもあります。このような内容が事前にわかると、面接に挑む際の参考にもなり対策もしっかりできるでしょう。

口コミを確認したらすぐその場で応募できる点も大きなメリットです。一般の掲示板では口コミを見て良い企業があっても、別途転職求人サイトに登録して目当ての企業を探し応募する必要があります。しかし、転職会議なら、口コミを見て関心を持った企業に対してスムーズに応募することができます。

転職会議を利用するデメリット

前述したように、転職会議の口コミを閲覧するためには、パスを利用するか、自分の口コミを投稿する必要があります。転職を検討しているということは、現在の勤務先に何らかの不満がある場合が多いため、不平不満を書き連ねているような良くない口コミがあるのも事実です。すべての口コミを鵜呑みにするのではなく、閲覧した書き込みが「主観的なもの」なのか「客観的なもの」なのかを見極めることが必要です。

また、口コミの書き込みから自身の身元がバレてしまうリスクもあります。退職してすぐの書き込みや、特定の人物や事柄についての書き込みは、人物特定に至る危険があります。また、企業の権利を侵害するような書き込みは、企業側としても人物の特定をし、最悪法的手段を検討せざるを得ないようなことになり兼ねません。

口コミを投稿する際には、「感情的な内容を書き込まない」「会社の権利を侵害するような内容は書き込まない」ということを肝に銘じておきましょう。特定される懸念がある人は、口コミの投稿はせず、有料の口コミパスで閲覧だけの利用をおすすめします。

転職会議で理想的な転職を実現しよう

この記事では、その企業に勤めたことがある人の口コミを閲覧できる転職会議について解説してきました。全面的に信用するにはリスクもありますが、企業の内部の貴重な実態を垣間見ることができる貴重なサイトだといえるでしょう。

転職会議に掲載されている口コミなども参考にしつつ、自分のキャリアの次のステップにふさわしい企業を見つけましょう。