IT系のハイクラス人材の転職は、レバテックキャリアが強みを持つ分野だと言われていますでは、レバテックキャリアは、実際に使った人から、どのような評判を得ているのでしょうか。

この記事ではレバテックキャリアを実際に利用した人からの評判や、サービスの特徴、メリットなどを解説していきます。

レバテックキャリアとは?

レバテックキャリア,評判
(画像=PIXTA)

レバテックキャリアとは、IT系のハイクラス求人を多く持つ転職サイトです。年収600万円以上の求人も8,000件以上あります。

求人の雇用形態は正社員、フリーランス派遣などさまざまです。また、求人の職種もITコンサルタントや社内SE、データサイエンティストなど多岐にわたります。IT系のキャリアを持つ人がレバテックキャリアを利用すれば、自分にあった働き方ができる企業を見つけられる可能性が高まるでしょう。

レバテックキャリアを利用した人からの評判は?

レバテックキャリアを実際に利用した人は、どのような感想を抱いているのでしょうか。実際の評判をみていきましょう。

「IT系の業界知識や専門用語も認識されているので、話が早かった」

「技術的な知識・観点を持ったカウンセラーが、やりたい業務から企業情報をスムーズに紹介してくれた」

「ゲーム業界のよりリアルな情報を聞けた」

レバテックキャリアに対する良い評判は「IT業界の転職に強い」という特徴が生かされており、専門知識を持ったカウンセラーからアドバイスをもらえたという声が多くあります。実際に求人を行っている企業に訪問しているキャリアアドバイザーと相談をすることで、リアルな情報を聞けたという点も注目です。

レバテックキャリアはどんな人におすすめ?

レバテックキャリアは、どのような方におすすめの転職サイトなのでしょうか。

IT業界でキャリアアップを目指したい人

レバテックキャリアの魅力は、なんといってもIT業界の求人に強いこと。そのため、IT業界でキャリアアップを目指している人におすすめといえます。

IT業界で働いている人の中には自社システムの保守的な作業が多く、違う環境でスキルアップを目指したいなどと考えている人もいるでしょう。レバテックキャリアはIT業界の求人が多く、キャリアアドバイザーもIT業界に精通しています。そのため、転職希望者のスキルの棚卸やスキルアップを目指せる企業を紹介することができるのです。

ワークライフバランスを見直したい人

レバテックキャリアは、キャリアアドバイザーが企業の実態を熟知しています。そのため、実際の残業時間などもわかりますので、ワークライフバランスを見直したいと考えている人にもおすすめです。 レバテックキャリアを使うことで、求人情報には掲載されていない生の声をキャリアアドバイザーから聞くことができます。

レバテックキャリアを利用する流れ

レバテックキャリアで転職をするためには、どのような流れで行えばよいのでしょうか。レバテックキャリア利用までの流れを確認しておきましょう。

1.Web申し込み

まずは、Webで利用者として申し込みを行います。連絡先や希望の勤務地などを入力します。

2.希望条件の入力

自分の経歴や今まで培ってきたスキル、希望の条件などを入力します。

3.レバテックキャリアのキャリアアドバイザーと面談・求人紹介

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーと実際に面談します。経歴や求人の条件を確認し、希望にあう求人を紹介してくれるでしょう。

マンツーマンで話をすることができますので、スキルの棚卸やキャリアプランを一緒に検討してもらうことも可能です。求人の中には非公開の求人もあり、キャリアアドバイザーが厳選して紹介してもらえます。

IT業界の転職に強いレバテックキャリアは、スキルだけでなく会社の社風や雰囲気、キャリアパスも踏まえて転職者にあっているかどうかも検討して企業を紹介してくれるのです。

4.応募・面接

スキルや希望にマッチする企業があれば、求人に応募しましょう。応募書類の作成や面接も、キャリアドバイザーがアドバイスをしてくれます。

5.内定・入社

無事入社が決まったあとは、現在の勤務先への退職のための書類作成やアドバイスを行ってくれます。入社後に状況のヒアリングもありますので、不安な点は相談してみるのもよいでしょう。

レバテックキャリアを利用するメリット・デメリット

レバテックキャリアを利用することで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。具体的に確認していきましょう。

レバテックキャリアのメリット

レバテックキャリアには、さまざまな特徴があります。どのようなメリットがあるのでしょうか。

IT業界の転職に強い

レバテックキャリアでは雇用形態、職種も多様でIT業界の転職に強みを持っています。IT系企業もレバテックキャリアに求人を依頼することが多く、IT業界の転職を考えている人にとっては強い味方となるでしょう。

レバテックキャリアはIT業界の転職に強いという特徴があることで、企業からもIT系人材の求人が多くなり、その結果としてIT系人材も多くレバテックキャリアを利用するという好循環を生んでいるのです。

職種別に求人を探すことができる

レバテックキャリアは、職種別に求人情報が掲載されています。PG・SE、PM・PL、コンサル、ディレクターなど細かくわかれているため自分が希望する職種の求人を探しやすいでしょう。

レバテックキャリアはIT業界の転職に特化しているため、IT業界の転職を考える人にとって使いやすいサイト構成になっています。

キャリアアドバイザーと個別に相談できる

転職者が抱える悩みはさまざまです。そのため、サイトの利用だけでなく、キャリアアドバイザーと実際にあって相談ができるという点は大きなメリットとなります。例えば、面接になかなか受からないという悩みを抱える人は面接でのアピールの仕方やコツをアドバイスしてもらえるのです。

キャリアアドバイザーは、多くの企業と求人と実際に会っているからこそできるアドバイスがあります。キャリアアドバイザーに相談することで転職活動を成功させる可能性は高まるでしょう。

キャリアアドバイザーとはオンラインで相談することもできますので、忙しい人も仕事の空き時間に相談することも可能です。

企業訪問が活発で実際に見聞きした情報が手に入る

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは何度も企業に足を運び、採用担当者から求人に関する情報収集をしています。そのため、企業の内部情報にも詳しくなっているのです。

企業には、その職場の風土があります。表面的な条件だけを見ても、転職者がその企業にあうかどうかはなかなかわからないものです。しかし、実際にオフィスに足を踏み入れることで、求められるスキルレベルや会社の雰囲気、実際の残業時間などあらゆることを把握することができます。

実際に見聞きしたキャリアアドバイザーから情報が入ることは転職者にとって安心感があるでしょう。

レバテックキャリアのデメリット

メリットも多いレバテックキャリアですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。具体的に確認しておきましょう。

キャリアアドバイザーの能力に差がある

キャリアドバイザーは個別にさまざまな相談にのってくれますが、やはりキャリアドバイザーには能力の差があります。キャリアアドバイザーにも業界での経験年数がありますので、それぞれの経験からアドバイスできることは異なるのです。

キャリアドバイザーはスキルの棚卸や転職者にマッチする企業を紹介しますが、キャリアアドバイザーのコミュニケーション能力不足によって自分とマッチする企業を紹介されない可能性もあります。

未経験者のIT業界就職は難しい

レバテックキャリアの求人は、IT業界経験者向けの求人がほとんどです。未経験者向けの求人も一部ありますが、実際に未経験者がレバテックキャリアを利用してITエンジニア等として転職することは難しいでしょう。IT業界未経験者が利用する場合は、営業職などが中心となります。

IT業界以外の転職ではあまり利用できない

レバテックキャリアの求人のほとんどは、IT業界の転職情報です。IT業界以外の転職を考えている人は、別の転職サイトを利用したほうがよいでしょう。また、IT業界とIT業界以外の転職を両方考えている人は、レバテックキャリアとレバテックキャリア以外の転職サイトを併用して使う必要があります。

IT業界以外の転職には利用できないという点は、レバテックキャリアのデメリットといえるでしょう。

IT業界の求人は都心に集中しているため、地域も限定されてしまう

IT系の企業は都心に集中しています。そのため、求人情報も都心の求人が多くなります。レバテックキャリアでは都道府県別の求人が掲載されていますが地方の求人は多くはありません。

レバテックキャリアで理想的な転職を実現しよう

レバテックキャリアは、IT業界の転職に強い転職サイトです。IT業界の求人は多種多様で、希望の仕事が見つかる可能性は高いといえるでしょう。

キャリアアドバイザーもIT業界に精通しているため専門用語や業界の事情もよくわかっているため、スキルの説明や企業とのマッチングもスムーズに行う事ができます。レバテックキャリアで理想的な転職ができるようにサイトの情報活用やキャリアアドバイザーを最大限活用するとよいでしょう。

ただし、レバテックキャリアはIT業界以外の転職には強くありません。IT業界以外にも転職を考えている方は別の転職サイトも利用することをおすすめします。また、IT業界未経験者の求人は多くありません。レバテックキャリアはIT業界経験者におすすめの転職サイトといえるでしょう。