NM_オムニプラス.jpg

【目次】
①️オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOの基礎情報
②ビジネスモデル解説(近日中に追加予定)
③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント

会社名
オムニ・プラス・システム・リミテッド
(銘柄名:オムニ・プラス・ システム・リミテッド JDR)
コード
7699
市場
マザーズ(外国株)
業種
卸売業
売買単位
100口
代表者名
最高経営責任者 ネオ・プアイ・ケオン / 1965年生
会社住所
東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
設立年
2002年
社員数
40人(2021年3月31日現在)
事業内容
汎用およびエンジニアリングプラスチックの流通、製造業
URL
https://www.omniplussystem.com/ja
資本金
18,510,425米ドル (2,049,289円) (2021年5月27日現在)
上場時発行済み株数
20,045,844株
公開株数
880,000株
連結会社
15社
スケジュール
仮条件決定:2021/06/09→940~960円に決定
ブックビルディング期間:2021/06/10 - 06/16
公開価格決定:2021/06/17
申込期間:2021/06/18 - 06/23
上場日:2021/06/29
シンジケート ※会社名をクリックすると外部サイトへ飛びます
主幹事証券:みずほ証券
引受証券:SBI証券 (SBI証券の詳細記事はこちら)
引受証券:岡三証券 (岡三証券の詳細記事はこちら)
大株主
Neo Puay Keong 40.23%
ITOCHU Plastics Pte. Ltd. 26.52%
D3cube Venture Pte Ltd 20.00%
Ang Whai Hoon 7.25%
Omni-2025 Pte Ltd 6.00%
業績動向(単位:1千円)
売上高 経常利益 当期利益 純資産
2019/03 連結実績 
22,758,053 1,257,291 1,008,240 4,148,950
2020/03 連結実績 
20,980,120 1,164,812 1,091,170 3,048,313
2020/12 第3四半期連結実績 
18,097,535 1,179,296 1,023,449 12,823,089
ロックアップ情報
指定された株主は上場後90日目の2021年9月26日まで
または、上場後180日目の2021年12月25日までは普通株式の売却ができず(例外あり)
調達額(公開株数×仮条件上限)
8億4480万0000円(880,000株×960円)
潜在株数(ストックオプション)
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
近日中に追加予定
IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント
当社は、シンガポール国籍の企業で、汎用およびエンジニアリングプラスチックの流通、製造業を展開している。エンジニアリングプラスチックは、特に強度に優れ、 耐熱性 のような特定の機能を強化してあるプラスチックの一群を指す分類上の名称であり、当社の製品の用途は、スマホなどの情報通信関連製品、自動車のEV関連部品などに需要が強く成長性がある。

上場市場は東証マザーズ。株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が201億円、2022年3月業績予想ベースのPERが10.46倍となっている。上場当日の株価動向は、資金吸収額が10億円に満たないこともあり、通常のマザーズ銘柄なら需給はタイトで買われやすいはずだが、外国株ということもあって、証券会社によっては買えないということもあり、ふたを開けてみないとわからないところもある。参考になるのは19年9月に上場した米国籍企業のテックポイントだ。引受販売証券会社はみずほ証券、SBI証券が両方とも入っており、上場日にはそれなりに買われて初値騰落率は+64.92%であったことから心配はないかもしれないが、事業内容が個人投資家受けするものではないところがやや危惧するところだ。

セカンダリーマーケットにおいては、事業の成長性を考慮するとPERでみれば割安感があるが、機関投資家のユニバースに入るかどうかで、買いが入るかどうかが微妙なところだ。もし、どこかの投資信託の大量保有報告などが出れば、火が付いたように買われると推測する。 よって、業績の開示と大量保有報告の提出の両睨みで株価の動きを注視したい。