転職活動を始めてまずやることは、希望の求人を探すことではないだろうか。その求人の探し方として、多くの方は転職サイトを利用している。直接希望の企業のホームページから求人情報を見にいっても、求人情報の確認、エントリーは転職サイトから行うようになっている企業も多い。つまり、転職活動とは転職サイトを利用するところから始まる。

それでは、その転職サイトはどうやって選ぶのか?

広告でよく見かけるから、インターネットで検索して最初に出てきたから、知り合いに薦められて、と特に理由もなく選んでいる方には、まず転職サイトには特徴があることを知ってほしい。なぜなら、自分に合った転職サイトを選ばないと転職活動を効率的に進められないからだ。

本記事では、転職サイトの特徴について説明し、あなたに合った転職サイトを紹介する。

転職サイトの特徴とは

転職サイト,選び方
(画像=PIXTA)

転職サイトは転職者の需要に合わせてそれぞれ特徴を持っている。大きな括りでは業界・職種、年代、性別、希望年収などに合わせた専門性の強みがある。

専門性が強いことで、独自のコネクションを持っていることで非公開の求人を紹介することができたり、転職者のスキルに最適な企業を紹介したりすることができる。最近の転職サイトは転職エージェントのサービスが付随していることが多いため、エージェントを介した紹介もあれば、転職サイトからのお知らせを通しての紹介もある。

この専門性が弱いと、極端な話だが例えば自分のスキルを適正に判断できずに、スキルの敷居が高い企業に応募し→落選、となかなか選考が進まなくなり、時間もお金も非効率な動きになる。転職活動は、現在の企業に所属した状態で行うことが多いので、時間も限られているためになるべく効率的に時間を使いたい。

転職サイトの特徴を知るべき理由

繰り返しになるが、転職サイトは転職者の需要に合った特徴を持っている。つまり転職者には必ず希望・要望があり、マッチした特徴を持つ転職サイトがおすすめとなる。

あなたの転職の動機を思い返して欲しい。

・年収アップ
・もっと高いレベルの仕事がしたい
・プライベートを充実させたい
・子育てしやすい環境が欲しい
・未経験だけどチャレンジしたい

等、動機はきっかけの一つに過ぎないが、せっかく転職するなら動機が希望・要望に変化し、さらに勤務地や自分のパーソナルデータ(年齢、性別、取得資格、職歴等)が加わり、転職理由となる。これは自己診断ができた上での転職理由となる。転職理由は転職サイト・エージェントにも、企業にも必ず聞かれるため、遅かれ早かれ準備しなければいけない。自己診断ができていることで、転職理由、志望理由、長所に一貫性が持てて自信を持って転職活動を進めることができる。

ここまでの話しをまとめると、効率的に転職活動を進めるためには、自己診断を行った上で自分に合った転職サイトを選び、求人を探すことが重要である。また、何気なく踏み出す一歩と、自分に合った転職サイトで始める一歩ではその後の進み具合が変わってくることがわかるだろう。

総合タイプの転職サイト

総合タイプの転職サイトは求人数が多く、総合的にコンテンツが揃っておりどんな人でも使用しやすいのが特徴だ。また、転職のお悩み相談や、自己診断をお手伝いしてくれるコンテンツも揃っているため、まずは登録をしておくことをおすすめする。

【リクナビNEXT】 

掲載される求人は職種の幅も求人の数も日本最大級。サポートもツール、エージェントのサービスが拡充している。

詳細はこちら

【doda】

求人数が多いだけでなく、地方の求人も広くカバーしている。転職フェアも随時開催しており、求職者と企業が直接交流できる機会を用意している。

詳細はこちら

【日経WOMANキャリア】

複数の大手転職サービスの求人の中から、女性向け求人をピックアップして掲載しているので、複数の転職サイトを使用しているのと同じ効果がある。

詳細はこちら

若者向け(20代から30代前半)のおすすめ転職サイト

新卒向けの就活サイトから展開したサイトが多く、20代前半や第二新卒にも強い。

【マイナビ転職】

新卒の就職活動でほとんどの学生が「マイナビ」を使用している。その認知度に期待して、第二新卒の募集をここでしか行なっていない大手企業も多い。

詳細はこちら

【エン転職】

特に20代から30代向けの求人が多く、大手企業より中小企業の求人の方が多い。求人数はあまり多くないが、大半がエン転職だけの求人を集めている。

詳細はこちら

【@type】

初めての転職に向かう人が万全の準備を整えられるように、読み物コンテンツ、また診断テストコンテンツを用意している。

詳細はこちら

【キャリトレ】

キャリトレへの求人は、経験を求めているものはむしろ少なく、その若さと可能性を求めるものが多い。求人企業はベンチャーから大手までさまざまだが、未経験OKな求人も多数ある。

詳細はこちら

【Re就活】

一度就職したものの、未経験の職種・業種にキャリアチェンジしたい人のチャレンジ精神・素直さを必要とする企業からの求人や、未経験者でもOKの求人も多数用意している。

詳細はこちら

【ANBI】

若手ながらハイクラスの求人を揃えている。もちろんハードルも高くなるが、選考通過の診断コンテンツを用意し企業とのマッチング確率が計れて、転職を後押ししてくれる。

詳細はこちら

女性向けのおすすめ転職サイト

元々転職サービスを展開していたサイトが、女性の求人案件に特化したサイトが多い。女性に特化していることから、産休、育児、産後復帰に理解のある案件を揃えている。

【Woman Career】

女性のキャリアプランには、結婚や子育ての大きなプライベートイベントが絡んできやすい。この条件を十分に配慮した求人検索がしやすい。

詳細はこちら

【マイナビ転職女性のお仕事】

女性の働き方として、キャリア志向の人やプライベート重視の人がいるが、そんなニーズを汲み取った女性に合った仕事を厳選している。

詳細はこちら

【エン転職WOMAN】

子育てをしながら働く女性にとって助かる、残業なし、在宅勤務、育児制度などの制度でも求人検索ができるように配慮されている。

詳細はこちら

【女の転職@type】

女性に人気の職種、アパレル・コスメ、営業・企画職、女性エンジニア、介護・保育業界などの求人が多く、また特集も細かく組んでいる。

詳細はこちら

【日経WOMANキャリア】

複数の大手転職サイトが出している求人検索ができ、また日経が運営する各サイトから、働く女性が関心を持つトピックを厳選して紹介している。

詳細はこちら

【パソナキャリア】

福利厚生がしっかりしている、高年収の求人など、求人のクオリティが高い。アドバイザーのサポートも手厚く、転職活動の時間がなかなか取りづらくても安心できる。

詳細はこちら

ハイクラス(高収入、管理職)向けのおすすめ転職サイト

元々転職サービスを展開していたサイトが、ハイクラスの求人案件に特化したサイトが多い。キャリアアップを目指す方におすすめ。

【パソナキャリア】(ハイクラス)

業種や専門に特化したキャリアアドバイザーが、転職者の市場価値などを客観的に判断し、それに見合った求人を紹介してくれる。面接日程調整や給与交渉までサポートしてくれる。

詳細はこちら

【BIZREACH】

公開求人数 9万件以上あり、その1/3が年収1000万円以上の求人だ。そのほかヘッドハンターが保有している未公開のプレミアムな求人も多数ある。

詳細はこちら

【ANBI】

若手向けのハイクラス求人が出せるだけに、大手や官公庁など、安定した基盤のある企業の登録が多いが、仕事内容は新たなビジネスを創出するためのフレッシュな力を求めている。

詳細はこちら

【iX転職】

年収1000万円以上の非公開求人が多数あり、厳選されたヘッドハンターによる質の高い職業紹介が魅力。ヘッドハンターと二人三脚でキャリアアップを目指す。

詳細はこちら

【エクゼクティブ転職】

ハイクラスの転職ができる人材は、転職になかなか時間が取れないため、ヘッドハンターが企業と転職希望者の間を取り持ち、スカウトから面接、条件交渉など一貫してサポートしてくれる。

詳細はこちら

エンジニア向けのおすすめ転職サイト

特にエンジニア向けの職種の求人に強い。エージェントもエンジニア出身のスタッフがいるため、詳しい相談にも乗ってもらいやすい。

【doda】

特に専門性の高い職種に強いく、エンジニアを初め、営業・金融・メディカル・グローバル・中国などの仕事別に専門サイトを開設している。

詳細はこちら

【@type】

特に首都圏・エンジニアの転職に強く、エンジニアの転職フェアを開催していたり、エンジニアの専門転職サイトも用意している。

詳細はこちら

【Geekly】

IT・WEB・ゲーム業界の転職専門のエージェント。業界が特化しているのでコンサルタントの専門性が高く、求職者のニーズを正確に把握し、質の高いマッチングを実現している。

詳細はこちら

【女の転職@type】

@typeの中からさらに女性エンジニアを歓迎している求人をピックアップしている。

詳細はこちら

海外で働きたい方向けのおすすめ転職サイト

語学力を活かして、外資系で海外転勤や海外移住を目指す人におすすめ。

【マイナビ転職】

グローバル求人にも力を入れており、グローバル転職専用サイトも用意されている。

詳細はこちら

【ANBI】

ハイクラス向けの求人を揃えているが、その中には外資系企業や海外勤務の求人も含まれている。

詳細はこちら

派遣で働きたい方向けのおすすめ転職サイト

専門職に打ち込みたい、プライベート時間を大切にした働き方をしたい方には派遣社員という働き方もおすすめする。

【パソナキャリア 】

パソナは元々人材派遣分野で長年企業と関係性を築いてきており、働き方として派遣社員が適切であれば、そのまま派遣求人も紹介してくれる。

詳細はこちら

未経験業種で働きたい方向けのおすすめ転職サイト

若年層でも、そうでなくても、仕事を変えて今までと違う働き方を求めている方におすすめ。

【ミイダス】

アプリを利用した新しい転職サービス。たった5分程度の入力で、7万人のデータと参照し、自分の市場価値を診断してくれて、選考条件にマッチする企業も選んでくれる。

詳細はこちら

【リクナビNEXT】

「未経験だけど求人あるかな・・・」そんな不安にも業界最大級の求人数があるから応えられる。

詳細はこちら

【マイナビ転職】

若年層であれば、未経験でもやる気を買ってくれる企業はあり、そんな求人が集まっている。

詳細はこちら

【キャリトレ】

参加企業はベンチャーから大手までさまざまだが、未経験OKな求人が多数あり、別分野からの転職はもちろん、フリーターからの転職でも役立つだろう。

詳細はこちら

【Re就活】

Re就活が開催しているオンラインイベント転職博は、若い人材のポテンシャルを必要とする企業が多数参加。未経験の職種にチャレンジする場合はここで直接企業と話しをしてみよう。

詳細はこちら

総合タイプのおすすめ転職サイトの特徴をチェック

【リクナビNEXT】

特徴1:日本最大級の求人数

リクナビは転職する人なら知らない人はいないだろう。掲載する求人数は業界最大で、転職者の約8割が利用しているという統計も。企業側も求人掲載時の選択肢として優先順位が高く、正社員の求人は9割にのぼる。AI 技術を駆使した高度な仕組みで企業と転職者をマッチングするので、時には自分さえも気づかない働き方を発見することもあるだろう。

特徴2:企業から直接オファーが来ることもある

いざ転職しようと思っても、忙しくて、膨大な数の求人から自分に合ったものを探す時間がないという人もいるだろう。そんな時リクナビなら登録者に企業から直接スカウトがくるサービスがあるので安心だ。サイトに職務経歴や転職希望条件などを登録しておけば、あなたに興味を持った企業から連絡が来る仕組み。どんな企業がどんな待遇でオファーしてくるかによって、自分の市場価値もわかるだろう。

特徴3:リクルートエージェントにも同時登録できる

リクナビの登録時にスカウトサービスを希望すると、同時にリクルートエージェントにも登録できる。リクルートエージェントは、転職エージェントサービスの中でも最大手で、非公開求人や有名企業の案件なども含めた幅広い求人のなかから、エージェントが条件に合った仕事を紹介してくれるサービスだ。利用料はもちろん無料。プロのマッチングだから、より自分に合った企業を効率よく見つけられるだろう。

【doda】

特徴1:案件が多い

案件数は公開案件だけで2021年2月現在7万5000件以上と、非公開案件も含めると10万件以上にのぼる。大企業から中小まで幅広く、ITやベンチャー関連の求人も多いことが特徴だ。また都内だけでなく、地方の求人もカバーしている。その中から自分の希望で絞り込んで検索できるので、効率よく自分の希望にあった求人を簡単に探すことができる。エージェントサービスに登録すれば、非公開案件も合わせた豊富な案件のなかから、自分にあった求人を探しやすい。

特徴2:転職フェアや、各種セミナーが豊富

dodaでは以前から転職フェアなどを随時開催しており、近年は「転職フェア セレクト」と称して、オンラインでの開催に力を入れている。オンラインフェアは全国5つのエリアに分けて開催され、期間中に参加企業のPR動画などを閲覧したり、面談の申し込みをしたりできる。会場に赴かずとも会社の生の声が聞けると好評だ。

特徴3:専門に特化したサイトを開設

dodaは特に専門性の高い職種に強いといわれており、営業・金融・メディカル・エンジニア・グローバル・中国などの仕事別に専門サイトを開設している。そこで自分の専門に特化した求人を探せるほか、特集記事やコラムなどでその業界ごとの情報を得られる。そこにアクセスするスキルの高い人材を見越して、企業も専門的な仕事の求人を出すため、求人クオリティは高い。特に経験を積み上げつつある20代後半~30代前半の若手・中堅層なら必見だ。

【マイナビ転職】

特徴1:第二新卒のための求人を多数所有している

マイナビ転職では、第二新卒など、20代前半の求人に力を入れている。というのも、新卒採用では学生のほとんどが「マイナビ」を使うので、その認知度を生かして、企業側も若手採用ではマイナビ転職に求人を出すからだ。第二新卒の募集をここでしか行なっていない大手企業も多いので、20代なら迷わず登録したい。

特徴2:転職フェアを開催

マイナビ転職では、全国各地で転職フェアも積極的に開催し、求職者と企業双方のマッチングに勤めている。フェアでは企業と直接面談できるほか、講演会やアドバイザーによるキャリア相談、退職の相談、職務経歴書の添削なども行っている。来場すれば、初めての転職を成功させるためのノウハウや、その地域ごとの転職情報がまとめて手に入るだろう。

特徴3:地方・グローバル求人にも強い

マイナビは全国各地に支社をもち、積極的に求人を開拓していると評判だ。特に地方の中小企業などにアプローチし、マイナビ転職だけにしか掲載されていない企業も多いとのこと。検索でも地方ごとのページを開設しているので、地方在住の人はもちろん、Uターン、Iターン転職なども注目だ。またグローバル転職のサイトもあるので、海外に飛び出したい人や語学力を生かしたい人も必見だ。

【エン転職】

特徴1:20代から30代の若い人向けの求人

エン転職では、特に20代から30代向けの求人が多く、大手企業より中小企業の求人の方が多い。求人数は2021年2月現在約6000件だが、その8割がエン転職だけの求人なのだ。サイトには転職に役立つ記事やテーマ別の求人など、転職にまつわる情報が読みやすく整理され、面接対策の専用サイトも充実。またスカウトサービスもあるので、登録しておくと企業またはエージェントからオファーメールが届くのも魅力だ。

特徴2:使いやすいサイトで検索しやすい

求人サイトではテクノロジーに強いエングループの強みを生かして、希望する職種や業種、勤務地、会社のタイプをもとに、より自分にあった求人を検索できる「希望条件検索」を用意。テーマ別の求人特集や、「働きがい検索」など、基本条件だけでは検索できないエン独自のサーチ方法があるので、自分でも気がつかなかった仕事に出会うことも。

特徴3:直接取材&口コミで情報の精度が高い

エン転職の求人は、ただ条件を表示するだけでなく、一社一社を担当者が取材して紹介している。取材者が感じた空気感がそのまま現れるので、ミスマッチを防ぐ要員にもなっている。また口コミがあることもポイントだ。実際に働く人のリアルな声は、仕事を探す上で何物にも替えがたい貴重な情報である。エン転職はそれだけ求職者目線に立ったサイトだといえよう。

【@type】

特徴1:エンジニア職の求人で有名

typeに掲載中の求人の約半数がITエンジニアの求人で、特に首都圏の求人は常時1000件を揃えている。大手だけでなく中小IT企業の求人も多く、「案件例」「開発環境・業務範囲」「歓迎スキル」などの専門的な条件での検索や、「仕事の向き・不向き」など、エンジニアが知りたい情報を掲載している。スカウト機能やオファーメールなども来るので、忙しい人の転職にも向いている。

特徴2:AI機能搭載の検索コンシェルジュ

自分に合った転職先を探す場合、第三者の意見というのも大事だろう。typeではエージェントサービスとも連携しているほか、AIによる仕事の提案も利用できる、AIがスキルや経験、希望条件を質問し、それに答えるだけで、最適な求人を提案してくれるのだ。多角的に仕事を探すのは大切なので、自分以外の視点からの意見として参考にしてみよう。

特徴3:初めても転職でも安心!情報満載のサイト

typeではエンジニアや20代の転職に力を入れており、専用のサイトではそれぞれの特徴に沿った特集や読み物が充実している。また初めての転職の人も多いが、サイトでは求人検索のほか、転職力診断テストや市場価値診断テストがありゲーム感覚で気軽にトライできる。また職務経歴書の書き方などのノウハウも充実しており、きっちり描けば書くほど企業からのオファーも増える仕組みだ。

【パソナキャリア 】

特徴1:企業と求職者双方のアドバイザーを配置

パソナは25万件の転職ノウハウキャリアサポートの特徴として、企業側のニーズを聞き取り把握するリクルーティングアドバイザーと、求職者のニーズやポテンシャルを正確に把握するキャリアアドバイザーが独立していることだ。双方の絶妙な連携でどちらにも満足のいくマッチングを実現させており、これまでの転職サポート件数は25万件にのぼる。

特徴2:手厚い転職サポート

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、各分野、企業に精通する専門家だ。サポートもしっかりしていて、まずキャリアの棚卸しからはじまり、職務経歴書の書き方、履歴書や職務経歴書の添削、求人紹介、面接の日程調整や面接対策のアドバイス、年収交渉から退職手続きサポートまで、「プロに任せてよかった」と思える充実ぶりだ。パソナで転職をするとeラーニングが一年無料で受講できるのもうれしい。

特徴3:幅広い職種をカバーし、高年収向け非公開求人も多い

パソナでは人材派遣分野でも普段から企業と頻繁にコミュニケーションをとっているが、転職サービスでも、その繋がりが生かされており、非公開求人も合わせてクオリティの高い求人を揃えている。求人数こそ大手には叶わないものの、福利厚生などがしっかりしていて年収も上がったという声も多い。

【キャリトレ】

特徴1:第二新卒、若手に合わせたスマホで転職

20代は仕事もプライベートも忙しくしている頃なので、転職も片手間になってしまいがちだ。キャリトレなら、若手が手軽に転職活動できるように、専用のアプリを用意。通勤時間や昼休憩などでも、アプリから気になる企業を検索したり、おすすめ企業をチェックしたりできるので便利だ。検索するだけでなく、「興味がある」をタップしておけば、企業も側にもその声が届き直接スカウトが届くことも。

特徴2:AIが入力データや行動をもとに企業を選んでくれる

いざ転職するといっても、ほとんどが初めての経験だ。まだ自分の適性やキャリアパスがはっきり描かれていないことも多い。キャリトレなら、職務経歴書などを入力しておけば、あとはAIが自動で興味や関心、適性を分析し、おすすめの企業をピックアップしてくれる。そこでは自分でも気がつかない適性を発見することも。

特徴3:未経験分野にも転職できる

就職して間もない20代だから、まだ経験については十分積み重なっていないことも多いだろう。キャリトレへの求人は、経験を求めているものはむしろ少なく、その若さと可能性を求めるものが多い。参加企業はベンチャーから大手までさまざまだが、未経験OKな求人も多数あり、別分野からの転職はもちろん、フリーターからの転職でも役立つだろう。

【ミイダス】

特徴1:5分の登録で勝手に転職活動してくれるアプリ

ミイダスは入力するだけで転職活動がスタートする優れもののアプリだ。操作も簡単で、登録しやすいインターフェースが好評。たった5分程度の入力で、7万人のデータと参照し、自分の市場価値を診断してくれて、選考条件にマッチする企業も選んでくれる。自己分析にもなるし、データを参照に興味を持った企業が直接メールをくれることもある。

特徴2:オファーされたら面接確約

転職活動は忙しい仕事をこなしながら大変というイメージもあるだろう。ミイダスなら、まず自分のスキルなどを入力することで市場価値が分析され、自分から求人を検索することなく、企業が直接オファーをしてくれるので、不必要な転職活動が必要ない。さらにミイダスのオファーは、すでに書類選考に合格済で、面接を確約されているという意味なので、マッチングする確率も高い。

特徴3:無料で使える3つの診断コンテンツ

転職するときには、何が自分に向いているのか、今後はどうなっていきたいのかなど、自分を客観的に見つめることも大切だ。ミイダスでは登録時すると同時に、現在の市場価値が診断されるほか、自分の強みや弱点を客観視できる「コンピテンシー(行動特性)」や、性格や特性から自分の能力をどう発揮していけばいいかがわかる「パーソナリティ」診断を用意。誰かに相談しなくても、自分を理解し、新たな可能性を発見するツールになるだろう。

【Geekly】

特徴1:IT業界志望者向けの求人数が充実している

GeeklyはITエンジニアやWeb業界で働きたいと思っている人にはうってつけのエージェントだ。業界に特化しているからこそ、企業との信頼関係も深く、「ここでなら」と、非公開求人を多数用意している。非公開求人は実に1万件以上。ここでしかない求人も多いので、20代、30代のクリエイター・エンジニアなら必ず登録しておきたい。

特徴2:専門に特化したエージェントがお手伝い

ITやゲーム業界に特化したエージェントだから、業界に対する理解が深く、サポート力や提案力が高い。カウンセリングでは求職者のスキルを事細かく把握し、どんなところでニーズがあるのかを正確に見抜き、あなたに合った会社を提案してくれる。また転職するなら、やはり前職より年収が上がることを期待したいところだが、Geeklyならその点にも力を入れており、転職した人のうち、実に75%が年収アップしている。

特徴3: 約1ヶ月で転職できる

GeeklyではITや Web業界に絞った専門性と転職ノウハウの積み重ねで、より正確なマッチングを強みとしている。豊富な転職事例の積み重ねがあり、面接対策でも過去の面接での質問など、企業ごとの傾向と対策をしっかり伝授してくれる。他社で2ヶ月かかる転職がここではおよそ1ヶ月。内定した後も、給与交渉や退社のアドバイスなど最後までしっかりフォローしてくれるので安心だ。

【Re就活】

特徴1:若手や未経験でも歓迎の求人に特化している

20代の転職は、まだ社会人経験も浅く、実績やスキルの面で不安があるものだ。また未経験の仕事にチャレンジしたい人もいるだろう。Re就活では20代の転職につきものの悩みを、強みに変える求人を多数用意。20代のチャレンジ精神・素直さを必要とする企業からの求人や、未経験者でもOKの求人も多数用意している。

特徴2:転職博などイベントも多数開催

転職とはいえ、未経験の職種などにチャレンジする場合は、直接企業と対面して説明を受けたいものだ。Re就活では大都市圏やオンラインで転職イベントを多数開催している。特に転職博は、若い人材のポテンシャルを必要とする企業が多数参加。キャリア相談や講演など、転職の情報も満載だ。若手社会人、第二新卒、既卒、フリーターにもその可能性は広がっている。

特徴3:スカウト機能がある

転職を考えてはいるけど、まだ具体的な輪郭が掴めないという初心者の方でも大丈夫。Re就活の機能は、会員登録し、希望条件、履歴などを記入するだけなので簡単だ。あとは求人情報を希望の検索条件で検索にかけて仕事を探すほか、メールでも求人情報が届く。また登録情報を閲覧した企業からのスカウトが届く場合もあるので、自分の市場価値も含めて、どこにニーズがあるのか、だんだん掴めていくだろう。

ハイクラス転職を目指す方におすすめの転職サイトの特徴をチェック

【パソナキャリア】

特徴1:年収700万円以上の非公開求人

人気の高い大手企業や優良企業の求人は、やはり人気があり応募が殺到してしまう。または極秘のプロジェクトがあり、企業がどのような人材を募集するかを秘密にしておきたいこともある。パソナでは、そのような質の高い非公開求人を多数保有。求人のうち約8割が非公開で、年収も700万円以上の案件が多い。まさにここだけの求人も多数あるので、登録しない手はないだろう。

特徴2:登録するだけで「パソナプラチナオファー」の対象に

パソナでは、人材派遣で培ったノウハウと企業との関係性を生かし高いマッチング精度を実現。特にハイクラス求人だけの「パソナプラチナオファー」は、企業の担当者がそのニーズを正確に把握し、特にマッチング確率の高いと判断した人にオファーを送るもので、書類選考での合格率が高い。また、急募やコンフィデンシャルな求人など、担当者が直接企業からお願いされる、市場には出回っていないここだけの求人に出会えることもある。

特徴3:専門性の高いアドバイザーのサポート

パソナでは業種や専門に特化したキャリアアドバイザーを配置しており、自分に合ったアドバイザーを紹介してくれる。カウンセリングでは、経験や希望をヒアリングし、現在の市場価値などを客観的に判断し、それに見合った求人を紹介してくれる。忙しい場合や遠方なら電話でのカウンセリングも可能だ。面接の日程調整から給与交渉、退職時のアドバイスなど、トータルなサポートをしてくれるので安心して任せられるだろう。

【BIZREACH】

特徴1:30代40代のハイクラス求人

30代40代になってくると、経験がそれなりに積み上がり、より自分の能力を生かした仕事をしてみたいと思うようになるはずだ。ビズリーチはそのようなハイスキルで即戦力になる年代の転職をサポート。公開求人数 9万件以上あり、その1/3が年収1000万円以上の求人だ。そのほかヘッドハンターが保有している未公開の求人もあるので、登録しないと出会えないプレミアムな求人も多数あるのだ。

特徴2:企業の直接スカウトとヘッドハンターのいいとこ取り

ビズリーチでは登録してくと、求人が閲覧できるほか、ヘッドハンターや企業から直接スカウトがかかる。ヘッドハンターは約4600名、自分から指名することもでき、アドバイスも受けられる。自身の登録データは厳選された1万5000社以上の企業が閲覧するので、思わぬ企業からスカウトメールが届き、自分でも予測していなかった新しい可能性が開けることも。どちらも自分から働きかけることなく、先方から見つけてもらえるので忙しくても大丈夫だ。

特徴3:プレミアムな求人は有料登録で閲覧・応募可

ビズリーチに掲載されている求人は、企業の中でも重要なポジションであることが多い。中でも非公開求人では、ヘッドハンター個人が企業とのパイプのなかで持っている求人が多いのだが、中でもプロジェクトが外部に漏れると困るようなものや、後継者の募集など、一般には出せないものも多い。そのような求人はほぼ高待遇で、好条件なのだが、一定の条件を満たした人にしか提示されず、閲覧や応募も、有料会員であるプレミアムステージに限定されているものもある。

【ANBI】

特徴1:検索欄に「合格診断」機能がある

ANBIでは求人に対する選考通過の可能性を三段階で評価する『合格診断』機能が特徴。検索して気になる案件を見つけたら「興味あり」をクリックするだけで、企業やヘッドハンターが、あなたの職務経歴書を元に合格可能性を「◎(合格可能性大)」「○(合格可能性中)」「△(合格可能性小)」の3つで判定してくれる。自分の市場価値もわかって便利だ。

特徴2:大手企業やスタートアップなどが若手に注目

ANBIでは年収500万円以上のハイクラス求人がメインだが、若手にそれだけ出せるのは、大手や官公庁、IT、コンサルティングなど、安定した基盤のある企業の登録が多い。内容も新規事業、スタートアップ支援など、新たなビジネスを創出するためにフレッシュな力を求めているので、若手でもチャレンジしやすい。

特徴3:企業やエージェントからのスカウトもある

ANBIに登録しておくと、自分から仕事が検索できるほか、職務経歴書などを閲覧したエージェントや企業から直接メールが来ることもあり、なかには非公開求人もある。エージェントについても、どのような強みを持つのかよく調べて、自分に合っていると思えば話を進める流れだ。また、企業からの直接スカウトなら、エージェントを介さないので、面接対策や給与交渉なども自分で行うことになる。マッチングの部分以外は主体的な行動が成功のカギだ。

【iX転職】

特徴1:ヘッドハンターのクオリティが高い

転職する理由には待遇面だけでなく、より自分を生かした仕事をしてみたいという思いもあるはずだ。iX転職なら、ハイクオリティ案件を持つ優秀なヘッドハンターを揃えている。カウンセリングではプロの視点から求職者のポテンシャルを見抜き、単純に給与アップするだけなく、自己実現も含めたキャリアアプを提案してくれるので、任せて安心だ。

特徴2:非公開案件のハイクラス求人も多数

iX転職は、良質なヘッドハンターとハイスキルの求職者がタッグを組んで、より良い条件への転職を可能にしているが、その成功の秘密は、ヘッドハンティング会社が独自に持つ非公開案件にある。これらは会社の事業に関わるポジションも多く、年収1000万円以上の質の高い求人が多い。ヘッドハンターのスカウトに応じる形で、これらの非公開案件にアクセスできるようになる。

特徴3:転職後のフォローまできめ細かなサポート

転職の際は、ヘッドハンターと二人三脚で自分の可能性を知ることから始まる。紹介される仕事の中には、自分だけでは思いつかない可能性が開いていることもあるだろう。トライしてみたいものがあれば、ヘッドハンターがエントリーから企業との面接日程調整、選考結果の通知、入社後のフォローまでを一貫してサポートしてくれるので、忙しい人でも安心して活動ができる。

【エクゼクティブ転職】

特徴1:登録するだけでいいヘッドハンティング型

管理職にもなってくると、転職になかなか時間が取れない人も多いだろう。エグゼクティブ転職なら、ヘッドハンターが企業と転職希望者の間を取り持ち、スカウトから面接、条件交渉など一貫してサポートしてくれる。転職活動といってもただ登録をするだけでOKなので、忙しい人にぴったりのサービスである。

特徴2:日経×リクルートグループの強みを生かしたクオリティ

エクゼクティブ転職では、日経グループとリクルートグループのもつ優良案件を、リクルートグループのエージェントやパソナなどの優良ヘッドハンターを通してオファーしてくれる。それぞれが得意・専門分野を持ち、職務経歴書をもとに、最適な案件を紹介してくれるので、紹介される案件のマッチング精度が高く、もちろん質も高いと評判だ。

特徴3:非公開案件が80%

ハイクラス求人は新規プロジェクトに関わったり、役員候補や経営パートナーなど、企業の利益を直接左右するポジションが多いだけに、非公開求人が多いのが特徴だ。エグゼクティブ転職の求人も、全体の約80%が非公開。仕事はヘッドハンター経由での紹介となるため、非公開案件にアクセスしたい場合はオファーを受けてみよう。また企業からの直接オファーはないため、転職活動をしていることを関連企業に知られることもないので安心だ。

女性におすすめの転職サイトの特徴をチェック

【Woman Career】

特徴1:女性の転職に必要な情報を網羅

女性の転職は、結婚退職、子育て後に復帰など、キャリアプランを立てる上でプライベートの部分も十分考慮に入れなければならない。Woman Careerなら、女性が転職するために役立つ情報や記事を用意し、女性が知りたいトピックでの求人特集もある。また女性のためのキャリア診断もあり、20の質問に答えると、性格のタイプや生き方のヒント、能力が生かせる仕事などを教えてくれる。

特徴2:女性に使いやすい検索機能

Woman Carrerでは、女性が活躍中の企業の求人に着目し、職種別、地域別の検索でも、女性が活躍する企業の求人をピックアップしてくれる。また育児中で時短勤務を希望したり、育児制度が充実していることもポイントになってくるが、女性が求める条件でわかりやすく検索できるようになっていて便利だ。未経験や第二新卒など、若い段階での転職にも対応している。

特徴3:登録すれば、スカウトやエージェント機能もある

結婚、就職、育児、子育てと、女性は仕事以外にも何かと忙しいものだ。Woman Carrerでは仕事検索のほか、職務経歴書などを登録しておけば、スカウトメールがくる可能性もある。またエージェントサービスも利用でき、しっかりとしたキャリアカウンセリングと仕事紹介でトータルサポートも可能だ。

【マイナビ転職女性のお仕事】

特徴1:女性向けの求人にフォーカスして探せる

女性の働き方は様々。「オンキャリ」といって、総合職や管理職を目指すキャリア志向の人もいれば、「オフキャリ」と呼ばれる転職がない、休みが取れる、時短、在宅ワークなど、プライベートを重視した働き方をしたい人まで幅広い。「マイナビ転職女性のおしごと」では、そんな女性のニーズを汲み取り、マイナビの持つ膨大な求人の中から、女性に合った仕事を厳選して掲載している。オンでもオフでも、それぞれのキャリアプランにあった仕事が検索できるのが魅力だ。

特徴2:転職やキャリアに関する情報が集まっている

「マイナビ転職女性のおしごと」では、女性の転職に役立つ情報が盛り沢山だ。職務経歴書の書き方や面接でのマナー、履歴書の写真の撮り方など、女性向けの転職ノウハウをはじめ、仕事の悩みや転職の体験談、結婚や子育てとの両立など、女性と仕事がテーマの記事まで、このサイト一つで一通りの情報が手に入るようになっている。

特徴3:キャリアカウンセリングや転職フェアも利用できる

「マイナビ転職女性のおしごと」では、求人を検索するだけでなく、マイナビ転職で行われている転職フェアやエージェントサービスなども利用可能だ。企業と直接会って話を聞けば、転職へのイメージも広がるだろう。また忙しい女性なら職務経歴などを登録しておけば、エージェントがその人に合った仕事を探し、スカウトメールを送ってくれるので、忙しい人でも効率よく転職活動ができるはずだ。

【エン転職WOMAN】

特徴1:女性向けの求人を集めている

「エン転職WOMAN」は、エン転職の全求人のうち、女性むけの求人を集めて紹介しているので、効率よく仕事を探せる。求人は職種や地域ごとに検索できるほか、残業なし、18時までに退社可能、在宅勤務、育児制度ありなど、女性のキャリアスタイルに合った条件で検索できるのも便利だ。

特徴2:スカウトメールが企業から届く

初めての転職なら、何をしていいのかわからない、または、将来のビジョンがまだ漠然としている、自分の市場価値がよくわからないといった人も多いだろう。「エン転職WOMAN」なら、登録し自分のキャリアを入力しておくだけで企業からスカウトがくるので、どのような企業が自分に興味を持つのか、市場価値を図る一つの目安になるだろう。また未経験でもOKというような求人もあるので、新しい可能性にチャレンジしてみるのもいい。

特徴3:エージェントサービスも利用できる

明確な転職の意思が固まったら、一刻も早く転職したいと思うだろう。そんなとき「エン転職WOMAN」では、エージェントサービスを利用し、専門家に相談してより具体的に、効率よく転職活動を進めることもできる。専門のキャリアアドバイザーが担当につき、あなたに合った求人を提示してくれるほか、履歴書や職務経歴書の添削や、面接へのアドバイスなどでサポートしてくれるので、仕事を続けながらでも転職活動ができる。

【女の転職@type】

特徴1:様々な角度から女性向け求人を探せる

未経験OKの事務系職種から、30代、40代のキャリアを生かした転職まで、女性の多様なニーズに沿った求人が多数ある。同じ職種でも、「ブランクOK」「未経験OK」など、働き方ごとに適した求人がまとめられていて検索しやすいのも特徴だ。また女性を積極採用している企業や、女性の活躍を推進する企業に与えられる「えるぼし」などを取得している企業などを集めた求人など、検索のポイントが全て女性向けなので、効率よく仕事を探せる。

特徴2:女性に人気の仕事の専門サイトがある

女の転職@typeでは、アパレル・コスメ、営業・企画職、女性エンジニア、介護・保育業界など、女性の仕事の中でも、特に人気のある仕事について、さらに細かく特集サイトを組んでいる。ページには働く地域や細かい職種のほか、どのような条件か、どんな環境で仕事をしたいかなどのキーワードがたくさん並んでいる。ピンとくる条件のボタンをクリックしていくだけで、求める仕事に到達する仕組みだ。

特徴3:登録しておくだけでスカウトがくる

転職活動といっても、キャリアアップなのか、新しいことに挑戦するのか、まだしっかり決まっていない人もいるだろう。女の転職@typeでは、登録し、自分のキャリア情報などを入れておくと、それを閲覧した企業からスカウトやオファーのメール届くようになっているので楽しい。その中で自分でも知らなかった可能性に出会うこともあるので、市場価値を図るのにも役立つだろう。はっきり転職の意思が固まれば、エージェントサービスも利用できるので、どの段階でも充実したサポートが受けられる。

【日経WOMANキャリア】

特徴1:日経が大手転職サイトから女性向け求人を厳選

転職するとなると、たくさんの転職サイトに登録し、その都度いちいち職務経歴などを入力していかなければならないのでわりと手間がかかる。日経WOMANキャリアなら、dodaやパソナ、リクルートなど、約30の大手転職サービスの求人のなかから、女性向け求人をピックアップして掲載しているので、ここで探せば複数の転職サイトを検索したのと同じ効果がある。もちろん仕事内容もバリエーション豊富で、未経験からキャリア志向の人まで、女性の転職を幅広くカバーしてくれる。

特徴2:非公開求人も豊富

約30の求人サイトからの求人情報のうち、会員にしか公開していないプレミアムな非公開求人は3000件以上。会員に登録し、自分の職務経歴などを細かく入力しておくと、仕事探しのプロ・キャリアカウンセラーが閲覧し、あなたに合った仕事を提示してくれる。時には企業やカウンセラーからスカウトメールが来ることもあるので、効率よく仕事探しができるだろう。

特徴3:女性の関心ごとに特化した記事を読める

日経WOMANキャリアでは求人検索機能だけでなく、女性向けのコンテンツも豊富に用意している。日経が運営する各サイトから、女性が関心を持つトピックの記事を厳選して紹介している。会員になるだけで、転職情報からライフスタイルまで、さまざまなトピックの専門的な記事を読めるので、転職活動をしている間にたくさんの情報を仕入れよう。