Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)は、種類豊富なオリコカードの中でも、オリコポイントについてのメリットが多く、人気が高いカードです。ポイントを貯めることを重視しているユーザーにはぴったりですが、もちろん他のクレジットカードと同じようにメリットとデメリットがあります。

この記事では、Orico Card THE POINTの特徴とメリット・デメリットを解説し、ユーザーの声による評判も紹介していきます。

Orico Card THE POINTを作るかどうかを検討しているみなさんは、ぜひ参考にしてください。

Orico Card THE POINTとは?

Orico Card THE POINT,評判
(画像=PIXTA)

Orico Card THE POINTは、ひと言で表現すると、数あるオリコカードの中で最もポイント還元にフォーカスしたクレジットカードです。年会費も無料なので、初めてクレジットカードを持つ人にもおすすめです。

電子マネーのiDとQUICPayをダブルで搭載しているので、コンビニなどの少額のショッピングも、簡単かつスピーディにできる便利なカードと言えるでしょう。ETCカードも無料で追加発行できます。

本人会員の家族も、最大3枚の家族カードを追加発行することが可能です。家族カードも年会費無料で、家族カードの利用で獲得したオリコポイントは、まとめて本人会員のカードに貯まります。

家族会員は、高校生を除く、本人会員と生計をともにする18歳以上の子どもや配偶者、親などが該当します。家族がショッピングで利用した分の支払いは、本人会員の口座から自動引き落としされます。

ポイントも支払いの口座もまとめられるため、カード管理の手間も省けます。家族でクレジットカードを利用したい場合にも、おすすめのカードと言えるでしょう。

【Orico Card THE POINTの基本スペック】

Orico THE POINT Master (1).png

 会費  無料  追加カード  ETCカード・家族カード
 ポイント還元率  1.0%~2.0%  付帯保険  -
 貯まるポイント  オリコポイント  電子マネー機能  iD、QUICPay
 交換可能マイル  ANAマイル・JALマイル  スマホ決済  Apple Pay・楽天ペイ

Orico Card THE POINTを利用するメリット

どんなクレジットカードでも、必ずメリットとデメリットがあるものです。まずは、このOrico Card THE POINTのメリットを紹介しましょう。

オリコカード屈指のポイント還元率の高さを誇る

このカードの還元率は基本的に1%です。100円のカードショッピングにつきオリコポイント1ポイントが貯まります。ただし入会後半年間のポイント還元率は、通常の2倍の2%にアップします。日常のこまごましたショッピングでも、より効率的にポイントを貯められるでしょう。

買い物ごとに付加されるポイントの場合、一般的に端数が無駄になりますが、このカードは月間のクレジットカード利用額に対してポイントがつきます。そのため、少額のショッピングでも有効にポイントを貯めることが可能です。

Orico Card THE POINTの利用で貯めたオリコポイントは、「オリコポイントゲートウェイ」で商品やギフト券に交換できます。マイルやWAONポイントなど、他のポイントにも交換可能です。交換可能なポイント数は500オリコポイントからという、条件の良さも見逃せません。貯まったポイントを早く交換したいという人に便利です。

また、オリコカードが運営しているWeb上のポイントサイト「オリコモール」経由でショッピングをすると、基本のオリコポイントに0.5%が上乗せされます。会員はオリコモールでさまざまなサービスを利用したり、商品を購入したりできますが、そのためには「eオリコサービス」の登録が必要です。

電子マネー機能付きで少額決済にも使いやすい

Orico Card THE POINTは、電子マネーの「iD」ならびに「QUICPay」と連携しています。

QUICPayを申し込むには、以下の3パターンからの選択が可能です。

●Orico Card THE POINTカードと一体型にする
●おサイフケータイに登録する
●QUICPayカード発行

一方、iDはOrico Card THE POINTのカードと一体型にするか、おサイフケータイに登録するかの2択になります。

Apple Payを利用したい場合は、シンプルにiPhoneへの登録手続きのみでOKです。

審査の難易度が比較的低いので作りやすい

Orico Card THE POINTの申し込み資格は、原則として高校生を除く18歳以上となっています。

多くのクレジットカードは、継続的な収入があることを申し込み条件に設けていますが、Orico Card THE POINTは年齢に関する条件しか設定していません。つまりOrico Card THE POINTの審査基準はさほど厳しくないと考えられます。

次に、クレジットカードの「系統」から審査基準を考えてみましょう。

クレジットカードは発行する会社によって「銀行系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」という4系統に分けられます。

オリコカードは信販会社が発行しているので、「信販系」に分類されます。審査難易度からいえば銀行系よりは低く、流通系とはほぼ同じで、消費者金融系よりは高いと考えてよいでしょう。こうした側面を考慮しても、やはり審査難易度は比較的低いと考えられます。

ただ出来上がったカードを受け取る際は、本人確認書類として運転免許証やパスポートなどを提示する必要があります。改めて準備しなくても手元にある書類なので、手間はかかりません。

Orico Card THE POINTのデメリットを紹介

メリットを確認したところで、デメリットも確認しておきましょう。

貯めたポイントを利用しにくい

Orico Card THE POINTで効率良く貯めることができるオリコポイントですが、ネットショップや実店舗のショッピングでの決済手段としてそのまま利用することはできません。

他のクレジットカードでは、ポイントサービスの中にショッピングやサービス利用時の決済手段や公共料金の支払いに使用できるタイプもあります。さまざまな支払いにポイントを活用したいというユーザーには、この部分はデメリットでしょう。

とはいえ、Orico Card THE POINTは貯まったオリコポイントを他社のポイントへ移行したり、ギフト券に換えたりすることができます。ひと手間加えることで、実店舗やネットショップでもポイントを十分活用できます。

付帯サービスが少ない

Orico Card THE POINTは、ポイント還元率が良いことやポイント付与の特典など、おおむねポイント関係のメリットにフォーカスしている半面、その他の付帯サービスは少ない傾向にあります。

宿泊施設やレストラン、ジムなどで利用できる優待特典などはありません。そういった優待を重視しているユーザーは、あくまでポイントに特化したカードであると理解したうえで作るかどうかを考えるのが賢明でしょう。

Orico Card THE POINTの評判を紹介

ネット上では、Orico Card THE POINTはどのような評判なのか、まとめてみました。

●マット感のあるつや消しブラックのデザインがよい
●還元率が良く、しっかりポイントが貯まる
●ポイントの交換方法も充実している
●Amazonギフト券と交換して消費している
●オリコモール経由で還元率がアップするのがうれしい

ポイントをそのまま使えないという点をデメリットとして紹介しましたが、実際は多くの人が上手にポイントを活用しているようです。

このほかにも、おおむねポジティブな評価が多いようです。

●公式サイトが改善されて見やすくなった
●Suicaチャージ用として大活躍している
●付帯保険こそないが年会費無料で、日常使いにおすすめできる

もちろん、細かい改善点はあるでしょうが、おすすめできる1枚と言えるでしょう。

Orico Card THE POINTはどんな人におすすめ?

他のカードに比べてOrico Card THE POINTは、付帯サービスこそ少ないですが、ポイント還元率が利用開始後半年間は2%、それ以降も1%なので、効率的にポイントを貯められるのが特徴です。

実店舗での利用はもちろん、ネットショッピングはオリコモール経由であればさらに0.5%上乗せされます。ポイントの決済利用はできなくても、他社ポイントへの移行やギフト券に交換できるのはうれしい限りです。

つまり、ポイント重視でネットショッピングもよく利用する人には非常に利用価値が高いカードだと言えるでしょう。家族カードは利用分の支払いもポイントもすべて本人会員にまとまるので、「家族でカードを使いたいけれど管理が面倒」という人にも向いています。

Orico Card THE POINTの特徴を押さえて利用を検討しよう

Orico Card THE POINTの特徴から、メリットやデメリット、リアルなユーザーの声まで紹介しました。

付帯サービスは少なくても、ポイントを貯める効率の良さが際立つカードです。家族で利用する際の管理のしやすさも特徴と言えるでしょう。

Orico Card THE POINTに興味がある人は、これらの特徴を理解して、検討してみてはいかがでしょうか。