急にお金が必要になったとき、即日融資できるかどうかはカードローン選びにおいて重要ですよね。

三菱UFJ銀行のカードローンは、三菱UFJ銀行に口座を持っている人向けの「マイカードプラス 」(利用限度額30万円)と口座を持っていない人でも利用できる「バンクイック」(最高利用限度額500万円)の2 種類があります。

この記事では、主に「バンクイック」について融資までのスピードや審査をスムーズに進めるためのポイントについて紹介します。

三菱UFJ銀行のカードローンは即日融資はできない

三菱UFJ銀行,即日融資
(画像=PIXTA)

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、申し込んだその日に融資を受けることはできません。融資に必要なカードを受け取るには、以下の4つのステップを踏む必要があります。

・申し込み
・書類提出および審査
・審査回答および契約
・カード受取

申し込み方法は「Web(パソコン・スマートフォン)」「電話」「三菱UFJ銀行のATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口」の3つです。Webとテレビ窓口での申し込みなら書類提出までがその場で完結しますが、審査回答は最短でも翌営業日 以降の9~21時(土・日・祝は9~17時)となります。申し込んだその日のうちに審査が終わらないため、即日融資はできません。

他の銀行カードローンは即日融資できる?

三菱UFJ銀行の「バンクイック」以外の銀行系カードローンでも即日融資ができる商品はありません。銀行カードローンが最速でも申し込み翌日からしか融資ができない理由は、申込者を審査する際に警察庁のデータベースに照会をかけなければならないからです。三井住友銀行 ・みずほ銀行 ・りそな銀行 をはじめ地方銀行 も多くは審査結果の連絡が「最短で翌営業日」「翌営業日以降」となっています。

一方で消費者金融系カードローンは、即日融資に対応しています。 警視庁のデータベースへの照会目的は、反社会的勢力への資金流入を防止することです。かつては、銀行系カードローンでも即日融資が可能でしたが2018年から申込者の情報を警察庁へ照会することが義務化されました 。照会には、最短でも1日以上が必要になるため、即日融資ができなくなったのです。

三菱UFJ銀行の審査は他行と比べると早い

先述したように三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査完了は最短で翌営業日です。他の銀行も最短審査完了日を申し込み翌日としているところが多いですが注意すべき点があります。それは、カードを郵送でしか受け取れなかったり、口座を開設しなければカードローンを利用できなかったりする銀行があることです。

カードが手元に届くまでに時間がかかると審査完了から融資を受けるまでに数日のタイムラグが生じます。一方「バンクイック」は、三菱UFJ銀行に口座を開かなくても利用可能です。審査を通過するとローン専用カードが発行され、カードの受取方法は郵送とテレビ窓口のいずれかを選択できます(テレビ窓口での受け取りには運転免許証 が必要)。

テレビ窓口を選ぶと、早ければ審査通過のメールを受け取ってからその日のうちにカードを受け取ることが可能です。

少しでも早く融資を受ける方法とは?

三菱UFJ銀行のバンクイックは、「Web」「電話」「テレビ窓口」といった3つの申し込み方法があります。各申込方法の流れを簡単に確認していきましょう。

Webによる申し込み

パソコンやスマートフォンから三菱UFJ銀行のWebサイトにアクセスし申し込む方法です。24時間いつでも申し込むことができて便利です。Webの申し込み画面に必要事項を入力した後、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなどから2点)や源泉徴収票、確定申告書などの収入証明書(利用限度額を50万円超に設定する場合)を提出します。

提出方法は「Webアップロード」「郵送」「FAX」のいずれかを選ぶことが可能です。申込後、最短で翌日にメールまたは電話で審査結果と契約内容が通知されます。審査に通過し契約を結んだ後は、テレビ窓口か郵送でカードを受け取りましょう。

電話による申し込み

電話による申し込みの受付時間は、平日9~21時、土・日・祝日は9~17時(年末年始を除く)です。本人確認書類・収入証明書の提出以降はWebによる申込方法と同じです。

テレビ窓口による申し込み

運転免許証などの本人確認書類や収入証明書(利用限度額50万円超を希望する場合)を持参したうえで三菱UFJ銀行のATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口へ行きます。テレビ窓口は、平日・土曜・祝日9~18時に利用可能です。(2021年2月24日から平日9~16時 )。画面越しにオペレーターと話しながら、その場で申し込みができます。

申込後、最短で翌日に電話で審査結果が知らされます。契約とカードの受け取りは「テレビ窓口」「郵送」の2つ。この中で最も融資までにかかる時間を短縮できるのは、テレビ窓口で申し込みおよびカード受取を行う方法でしょう。テレビ窓口でカードを受け取るには運転 免許証を持っていることが条件になります。

ただし2021年2月24日以降はテレビ窓口の受付時間が大幅に短縮されるため、「Webで申し込みをして郵送で受け取り」を選択せざる得ないケースも出てくるでしょう。

最短でも翌営業日の融資となる

先述したように「バンクイック」の審査結果が出るのは、最短で申込日の翌営業日です。運転免許証を持っている人ならテレビ窓口でカードの受け取りができるため、うまく時間が合えば審査結果が出たその日にカードローンを利用できます。

月火水の申し込みが比較的スムーズ

「バンクイック」の審査結果連絡は、平日9~21時、土・日・祝日は9~17時です。 申込件数が多いと予測される週末や休日のほうが短いため、週末に申し込むと翌日に回答を得るのは難しいと考えられます。また審査の過程で勤務先に連絡をすることがあるため、 週末や祝日に申し込んだ場合、勤務先に連絡ができずに審査完了までに日にちがかかる可能性もあるでしょう。

審査を迅速に進めることを考えると平日でも特に前半の月・火・水に申し込むことをおすすめします。

テレビ窓口は平日の夕方以降が空いている

三菱UFJ銀行のテレビ窓口では「バンクイック」の申し込みと契約・カード受取ができます。上述したようにテレビ窓口でのカード受取は、運転免許証を持っていることが条件です。融資までの時間を短縮できるので条件に合う人はぜひ利用しましょう。テレビ窓口の設置場所は、三菱UFJ銀行Webサイト内の「ATM・店舗のご案内」から調べることができます 。

テレビ窓口は、以下のように曜日や時間によって混み合うことがあるので注意が必要です。

 混む傾向の曜日および時間帯 ・平日:12~15時、18~20時
・土・日・祝日:10~10時半、13~14時半
 比較的余裕がある曜日および時間帯 ・平日:15時半~17時半
・土・祝日:11~12時半、16~17時半
・日:11~12時半、15時半~16時半

※2月24日以降は、受付日時が平日の9~16時と大幅に短縮されるため注意

テレビ窓口で「バンクイック」を申し込む際は、Webに用意されている「申込受付シート」 に必要事項を記入のうえ持参すると手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

ローンの審査をスムーズに進めるコツとは?

「バンクイック」の申し込み条件は、以下の通りです。

・満20歳以上65歳未満で国内に住む個人電話 ・原則安定した収入がある人電話 ・アコム株式会社の保証を受けることができる人

満20歳以上65歳未満の国内に住む個人で安定した収入があれば職業は問いません。パートやアルバイト、年金収入のみの人でも申し込みできます。ただし利用限度額を50万円超に設定する場合は、以下の中から1点のコピーを収入証明書として提出することが必要です。

・源泉徴収票電話 ・住民税決定通知書電話 ・納税証明書その1・その2(個人事業主)電話 ・確定申告書第1表・第2表

バンクイックの審査は、三菱UFJ銀行と保証会社アコム株式会社によって行われます。カードローンは、担保も保証人も不要ですが申込者は保証会社であるアコムの保証を受けることが必要です。万が一申込者が返済できなくなった場合、アコムが代わりに返済を行いアコムが申込者から肩代わりした分を回収することになります。そのためアコムの審査も必要になるのです。

消費者金融では、カードローンの利用可能枠を決める際に審査を行います。審査に影響を与えるのが収入と他社からの借入状況です。 これは銀行系のカードローンでも同様。収入については、上記の収入証明書でチェックし他社からの借入状況は「信用情報機関」に照会を行います。

信用情報機関とは、さまざまなローンの利用や返済状況、過去の返済に関するトラブルなど金融事故などの情報が集まっているところです。 つまり安定した収入に加えクレジットカードなどの支払いを滞りなく行い、他社からの借り入れがないことが審査をスムーズに進めるうえでの重要なポイントになります。他社からすでに借り入れがある場合、審査の結果、利用可能枠が低くなる可能性もあるでしょう。

他社からの借り入れは、カードローンを申し込むうえで不利になりますが申し込みの際に虚偽を申告することは絶対やめましょう。信用情報機関への照会内容と申告内容に食い違いがあるとそのこと自体が審査に影響を及ぼしかねません。

最短での振込可能時間には制限がある?

無事に審査をパスしカードを受け取ったら借り入れが可能になります。「バンクイック」の主な借り入れ方法は以下の通りです。

・三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネットの各ATMから借り入れる方法電話 ・三菱UFJ銀行の本人名義の普通預金口座に振り込む方法

「バンクイック」は、三菱UFJ銀行に口座を開かなくても利用できるカードローンです。しかしスマートフォンと本人確認書類があればアプリを使って簡単に口座が開設できます。 振り込みによる借り入れを希望する場合は、ぜひこの方法で口座を開設してみてください。振り込みによる借り入れを利用するには、Webで会員ページにログインし振込サービスを選択して画面の案内に従って操作を進めます。

また電話でも振り込みを申し込むことが可能です。(平日9~21時、土日祝9~17時、年末年始を除く)振込サービスを利用する際には、振込時間帯に注意しましょう。振込サービスを初めて利用するときと2回目以降の利用とでは、振り込まれるタイミングが異なります。

【振込サービス初回利用時】 電話 ・平日:0~14時の申し込み…当日中に振り込み、14時以降の申し込み…翌営業日中に振り込み電話 ・土日祝の申し込み…翌営業日中の振り込み

【2回目以降の利用】電話 ・平日:0~8時15分の申し込み…当日9時ごろの振り込み、8時15分~14時の申し込み…当日約30分以内、14時以降の申し込み…翌営業日9時ごろの振り込み電話 ・土日祝の申し込み…翌営業日9時ごろの振り込み

審査スピードに定評がある三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、他の銀行系カードローンと同様、審査完了の通知は最短で申し込み翌日です。銀行系カードローンは警視庁のデータベースに照会をかける義務があるため「消費者金融に比べると審査のスピーディさには欠ける」というデメリットがあります。しかし「バンクイック」は三菱UFJ銀行に口座を開設しなくても利用可能です。

またWebとテレビ窓口を組み合わせることで審査完了翌日にはカードを受け取ることができるため、銀行系カードローンの中ではスムーズに借り入れすることが期待できます。「メガバンクのカードローンなら安心して利用できる」と感じる人は多いのではないでしょうか。そのような人は特に「バンクイック」がおすすめといえるでしょう。