冠婚葬祭や高額家電製品の買い替えなどの多額の支出が発生し、資金繰りに行き詰まることもあるでしょう。こうした場合に利用を検討したいのが、カードローンに代表される少額融資です。しかし、「どのカードローン会社でどのような手続きをすればいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

この記事では、カードローンの融資審査やカードローンを取り扱うローン会社の種類、Web手続きで簡単かつ迅速にカードローンを利用できるローン会社5社について解説します。

少額融資なら「審査なし」のカードローンはないのか?

カードローン,少額融資
(画像=PIXTA)

少額融資でカードローンの利用を検討する人がまず気になるのは「審査なしのカードローンはないのか?」という点ではないでしょうか。結論からいえば「審査なし」のカードローンはありません。なぜなら貸金業法第13条 にもとづきカードローンを含めたすべてのローンにおいて審査を行う必要があるからです。カードローンの審査では、主に以下の項目が確認されます。

・信用情報(クレジットカード・ローンの契約状況や利用状況など)
・個人情報(住所氏名、雇用形態、年収、持ち家の有無など)
・他社からの借入状況

「他社からの借入状況」を調べる一番の理由は、返済能力を超えた金額の借り入れを防ぐためです。また消費者金融などの貸金業者には、借入額が年収の3分の1に達した人への融資を禁じる「総量規制(貸金業法第13条の2)」 が適用されます。この点も他社からの借入状況を調べる大きな理由の一つといえるでしょう。以上のことからカードローンの利用にあたっては審査が必要条件となります。

審査はどちらが簡単?銀行と消費者金融

カードローンサービスは、銀行と消費者金融の両者が提供していますが、審査はどちらが早いのでしょうか。業者によって異なりますが一般的に消費者金融の融資審査は銀行よりも簡素で早い傾向があります。

消費者金融

消費者金融の融資審査 は、自社審査のみで即日審査が可能です。審査で何も問題がなければ即日融資を受けられる可能性も高いでしょう。

銀行

銀行の審査は、自社と信用保証会社の2つで行われることが多いため、消費者金融と比較すると審査に時間がかかります。また銀行系カードローンの審査では警察庁の暴力団情報データベースへの照会が義務付けられています。その結果が出るのは最速でも翌日以降となるため、即日審査や即日融資はできません。このように審査の迅速さでいえば消費者金融が一歩リードしています。

少額融資なら、審査の速さでカードローンがおすすめ

より迅速に少額融資を受けたい人におすすめなのが審査が速いカードローンです。特に消費者金融系カードローンは即日融資も可能なため、すぐにお金が必要な場合に便利でしょう。そこで消費者金融系カードローンの審査方法や注意点について説明していきます。

消費者金融系カードローンの審査方法

消費者金融系カードローンの審査は、大きく分けると「仮審査」と「本審査」 の2種類です。審査は、いずれも消費者金融会社が行っています。

・仮審査

主に申込者の申告内容をもとに融資可能かどうかを判断するため、それほど時間がかからず本審査に進む傾向にあります。

・本審査

申込者の職場に電話をかける「在籍確認」やローン・クレジットカード履歴などの「信用情報」の調査を行います。こうした情報に問題があると審査に時間がかかりますが、問題がなければすぐに審査が通り即日融資を受けられる可能性が高いでしょう。

消費者カードローンの審査における注意点

審査が比較的簡単に通りやすい消費者カードローンですが、利用時にはいくつか注意点もあります。まず、すでに年収の3分の1以上の借り入れがある場合は審査に通りません。信用情報機関の「ブラックリスト」に載った場合も、審査に通る可能性は非常に低いでしょう。 また審査の基準は、消費者金融会社によって異なるため、以下のようなことが起こる可能性もあります。

・A社では審査に通りB社では審査に落ちる
・会社によって審査が出るまでの時間が異なる

そのためカードローンの申し込みを行う場合は、事前にネットや実際にカードローンを利用している人などから情報を集めることをおすすめします。また1社で審査に落ちた場合でも「他社をあたってみる」「少し時間をおいてから申し込む」などの方法で審査に通る場合があることも押さえておきましょう。

少額融資ならWeb完結可能なカードローンを選ぼう

少額融資を希望する場合には、カードローンが有力な選択肢となりますが、なかには「消費者金融へ行くことに抵抗がある」という人も多いのではないでしょうか。また少額融資の申し込みから融資を受けるまでの審査期間を少しでも短縮したい人もいるでしょう。その希望にこたえてくれるのがWebで申し込みが完結するカードローンです。

Web完結可能なカードローンであれば場所を問わずスマホやパソコンで申し込みができ、より迅速に融資の審査を受けることができます。申し込みに必要な事項の入力や本人確認書類の提出などの手続きがすべてWeb完結するため、忙しい人や消費者金融に出向くのに抵抗がある人でも申し込みやすいのが大きな魅力です。

ここからは、Web申し込み可能で借り入れまでの期間も短い消費者金融を5社紹介します。

少額融資おすすめランキング 少額融資おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold 1位

王冠_gold 1位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日※
Webで最短60分
融資も可能

申込はこちら

申込はこちら

2位

2位
50万円以下なら
収入証明書原則不要
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

3位
モビット
3位
10秒簡易審査 最短
即日(※1)

申込はこちら

申込はこちら

4位

4位
最短30分で審査回答が可能 最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位

5位
原則24時間365日
申込可
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEBで最短60分のスピード融資も可能:レイクALSA

レイクALSAは、Web上で申し込みができ最短60分のスピード融資も可能です。

・実質金利:年利4.5~18.0%(利息は日割計算)

50万円以内の借り入れの場合、本人確認書類があれば申し込みでき、すべてWeb上で手続きを完結させることが可能です。また平日21時、日曜18時までにWebで、※1最短60分融資も可能。その日のうちにお金を借りられます。さらにレイクALSA公式アプリ「e-アルサ」があれば、※2セブン銀行「スマホ ATM取引」の利用でカードレス借り入れや返済も可能です。

※1 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※2『レイクALSAでは2020年12月23日(水)よりセブン銀行ATM「スマホATM取引」によるお借り入れのご利用を停止しています(202〇年〇月〇日現在)』 └更新日付の部分は上記文言の更新した日時を記入いただけますよう宜しくお願い致します。(202〇年〇月〇日現在)

なおレイクALSAでは、初契約・Web申込者限定で他社の無利息期間の2倍となる※3、60日間金利ゼロ期間を設けています。ただし無利息期間終了後の金利は年利12~18%となる点には注意が必要です。

※3、 ≪60日・180日共通の注釈≫
※初めてなら初回契約翌日から無利息 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。 ※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。 ≪60日間無利息の注釈≫ ※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。 ※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。 ≪180日間無利息の注釈≫ ※契約額1万円~200万円まで

≪貸付条件≫ 融資限度額 1万円~500万円 貸付利率 4.5%~18.0% ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方 遅延損害金(年率) 20.0% ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング ご返済期間・回数 最長8年、最大96回 必要書類 "運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 担保・保証人 不要 ※商号:新生フィナンシャル株式会社 ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

早ければ1時間後には現金を手に!:アイフル

アイフルは、インターネットから24時間365日いつでも申し込み可能です。Web上ですべての手続きを完結でき審査は最速30分、早ければ1時間後には現金を手にできます。

・実質金利:年利3.0~18.0%(利息は日割計算)

アイフルでも初めて契約する人は30日間無利息でお金を借りられます。(無利息期間終了後は実質金利適用)50万円以内の借り入れなら運転免許証などの本人確認書類を用意するだけでOKです。書類提出サービスやメールで簡単に申し込めます。またWeb申し込み完了後にフリーダイヤルに連絡すると最短30分で審査の結果が出て借り入れまでの時間を短縮できます。

借り入れや返済には、アイフルのアプリが便利です。アプリは、アイフルやコンビニなどの提携ATM、提携銀行ATMで入出金が可能なほか登録銀行口座への振込融資にも対応しています。

最速1時間で融資、土日祝も対応:SMBCモビット

SMBCモビットは、土日祝日対応、簡易審査最短10秒、審査結果が出るまで最短30分。最速1時間でお金を借りられます。

・実質金利:年利3.0~18.0%(利息は日割計算 )

Web上で必要事項の入力や運転免許証などの写しを送ったあとでコールセンターに電話すればすぐに審査が開始されます。最短10秒で結果を確認可能。手続き完了後は、最速3分でお金が振り込まれます。 また三井住銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに本人名義の口座があり社会保険証・組合保険証がある人は、セブン銀行ATMを利用したカードレス借り入れも可能です。

その場合は、本人確認の電話や郵便でのやり取りが不要となり、借り入れまでのすべての手続きをWeb上で完結できます。

モビット

契約機でカード受け取り最短1時間融資:アコム

アコムでもWebでの申し込みが24時間365日可能。最速審査時間30分、最短1時間で融資を受けられます。

・実質金利:年利3.0~18%(利息は日割計算)

契約が初めての場合は、30日間無利息の特典があります。(終了後は実質金利を適用)アコムの場合、カード発行以外の手続きがすべてWeb上で完結させることが可能です。 50万円以内の融資であれば事前に用意が必要なのは本人確認書類(運転免許証など)のみ(※1)。所定の申し込み手続きが終わるとすぐに審査が始まります。

審査に通ると届くメール(契約手続きのお願い)に記された内容に同意すれば契約完了です。その後最寄りの自動契約機「むじんくん」(営業時間9~21時)(※2)やアコムの店頭でカード発行の手続きを行うとその日のうちにお金を借りることができます。

※1 お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要 ※2 年中無休(年末年始は除く)

土日祝対応、最短30分で融資!:プロミス

プロミスでは、土日祝日も24時間対応可能です。そのため自分のタイミングでカードローンのWeb申し込みができ、借り入れから返済まですべてWebで完結できます。

・実質金利:年利4.5~17.8% (利息は日割計算)

事前審査は最短15秒(※)で回答かつ最短30分で融資審査が完了します 。50万円以下の借り入れなら本人確認書類だけでOK。収入証明書類や印鑑、保証人、担保は不要です。またプロミスの「アプリローン」を使うと申し込みから借り入れ・返済までのすべての手続きがWeb上で完結できます。

返済のたびにコンビニなどのATMに行く手間が省けたり、借入状況の確認もアプリでできるため毎月の返済や管理も簡単です。なお初めての契約で一定の条件を満たすと30日間利息ゼロ になります。(無利息期間終了後は実質金利を適用 )また 最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドをもらえる特典 も受けられます。

(※)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。 (※)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

ローン会社の特徴を見極めて簡単に融資を受けよう

少額融資を希望する人に便利なカードローンですが少額融資でも法律にもとづく審査は避けられません。しかしローン会社を選べば審査や借り入れまでの時間を大幅に短縮することが可能です。多くの消費者金融会社では、24時間365日対応でWebでの申し込みに対応しており迅速な審査による即日融資も期待できます。

また初めての契約の場合、一定期間無利息になる特典、借り入れや返済がカードレスでできるアプリ、ポイントカードとの提携でポイントが増える特典などを設けている会社もあります。少額融資でカードローンの利用を検討している場合は、ローン会社の特徴を見極めたうえで、より簡単かつお得に融資を受けられる会社を選ぶといいでしょう。