QDレーザ
(画像=編集部作成)

【目次】
①️QDレーザIPOの基礎情報
②ビジネスモデル解説(近日中に追加予定)
③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(1/21更新)

会社名
株式会社QDレーザ
コード
6613
市場
マザーズ
業種
電気機器
売買単位
100株
代表者名
代表取締役社長 菅原 充 /1958年生
会社住所
神奈川県川崎市川崎区南渡田町1番1号
設立年
2006年
社員数
50人(2020年11月30日現在)
事業内容
半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアおよびそれらの応用製品の開発・製造・販売
URL
https://www.qdlaser.com/
資本金
763,310,000円 (2020年12月28日現在)
上場時発行済み株数
34,584,180株
公開株数
13,559,400株
連結会社
なし
スケジュール
仮条件決定:2021/01/20→300~340円に決定
ブックビルディング期間:2021/01/21 - 01/27
公開価格決定:2021/01/28→340円に決定
申込期間:2021/01/29 - 02/03
上場日:2021/02/05→初値797円
シンジケート ※会社名をクリックすると外部サイトへ飛びます
主幹事証券:SMBC日興証券 (SMBC日興証券の詳細記事はこちら)
引受証券:SBI証券 (SBI証券の詳細記事はこちら)
引受証券:岩井コスモ証券
引受証券:水戸証券
引受証券:極東証券
大株主
東京センチュリー(株) 13.02%
MGI Global Fund L.P. (常任代理人 Mitsui&Co. Global Investment, Inc.) 12.45%
グローバル・イノベーション・ファンド 11.30%
グローバル・イノベーション・ファンドⅡ 8.75%
アクサ生命保険(株) 6.80%
グローバル・イノベーション・ファンドⅢ 6.59%
菅原充 5.17%
Beyond Next Ventures1号投資事業有限責任組合 2.67%
第一生命保険(株)(常任代理人株式会社日本カストディ銀行) 2.67%
リアルテックファンド1号投資事業有限責任組合 2.66%
業績動向(単位:1千円)
売上高 経常利益 当期利益 純資産
2018/03 単体実績 
664,017 -1,075,219 -1,128,917 245,935
2019/03 単体実績 
960,986 -996,094 -1,040,521 2,130,953
2020/03 単体実績 
756,633 -1,225,739 -1,240,167 1,729,699
2020/09 第2四半期単体実績 
339,894 -419,872 -581,707 1,147,992
ロックアップ情報
指定された株主は上場後90日目の2021年5月5日まで
または、上場後180日目の2021年8月3日までは普通株式の売却ができず(例外あり)
調達額(公開株数×公開価格)
46億1019万6000円(13,559,400株×340円)
潜在株数(ストックオプション)
3,068,000株
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
近日中に追加予定
IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント
当社は、レーザー技術製品の開発・製造・販売事業を展開している。

目論見書を読むと、レーザー技術の用途は多岐に渡り、用途は多能面にありそうだが、売上に繋がっていないと現実があり、2021年3月期も赤字の業績予想となっている。

株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が117億円、今期は赤字の業績予想の為PERは計算不能となっている。上場当日の株価動向は、資金吸収額が53億円と大型のIPOとなるため、通常なら初値は前場の早い時間に付くと考えられるが、2021年の初IPO銘柄というご祝儀的な買いが入れば、初値が付くまでに少し時間を要するかもしれない。それでも、後場に持ち越されることはないと考えられる。

セカンダリー市場においては、VCが発行済株式数の72.8%も保有しており、需給はかなり緩いと考えておくべきである。株価が公開価格の1.5倍を超すと一気に売りが出て来ると考えられるので、1.5倍近辺の株価からの上値は重くなるとみておくべきだろう。

中長期的な株価の動きは、当社は3月決算なので、5月のGW明けには決算が開示され、来期の業績予想が出て来る。仮に来期に黒字転換できるような予想が出てくれば、その時点から株価は大きく動くと考える。